音声・読み上げ支援ツール音声・読み上げ支援ツール

犬を飼われたときは

犬を飼われたときは

犬の登録の届出

生後90日を超えた飼い犬は、犬の所在する市区町村で登録をしなければなりません。

新たに犬を飼育するときは必ず登録をして、鑑札の交付を受けてください。

(犬の登録手数料 3,000円がかかります)

 

犬の登録事項の変更について 

転入等で犬の所在地が代わった場合や、犬の飼い主が代わった場合などは、届出が必要です。

転入の際には、転出された市町村で交付された鑑札をお持ちください。

 

犬の死亡届

犬が死亡した場合も、届出が必要です。

届出がなされないと犬の登録が残ったままになりますので、必ず届け出てください。

死亡届は郵送でもできます。犬の鑑札を添えて届出をしてください。

 


ダウンロード

狂犬病予防注射

生後90日を越えた犬は、年に1回狂犬病予防注射を受けなければなりません。予防注射を受けて、注射済票の交付を受けてください。

狂犬病予防注射の実施については、広報紙や飼い主の方への個別通知によりお知らせします。


犬の鑑札や注射済票を紛失したときは

犬の鑑札や狂犬病予防注射済票は、飼い犬につけておかなければなりません。(迷い犬になったときに飼い主がわからず、連絡ができないことがあります。)

鑑札や注射済票を紛失した場合は、本庁又は支所で再交付を受けられます。

・ 犬の鑑札の再交付手数料          1,520円

・ 狂犬病予防注射済票の再交付手数料       350円 


−お問い合わせ−
市民福祉部 環境課 生活環境グループ
電話0996-23-5111
Fax0996-20-5570

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は役に立ちましたか?