トップページ >  ようこそ薩摩川内市へ > 薩摩川内市木・市花・市鳥・市魚が制定されました

薩摩川内市木・市花・市鳥・市魚が制定されました

                 
  薩摩川内市の市木・市花・市鳥・市魚
  「花と緑の美しい、鳥や魚の住む豊かな環境のまちづくり」を目指して、
   さきに広く市民から募集した「薩摩川内市を象徴する市木・市花・市鳥
  ・市魚」を次のとおり平成17年2月13日に制定しました。  
  《選考基準》  
  1 本市の区域に生息する樹木、花木、鳥又は魚であること  
  2 市民に広く知られ、愛されていること  
  3 本市の産業、観光、生活等に関係が深いこと  
     
    市木 クロガネモチ(もちのき科)  
  『高く伸びる木・常緑の葉は、市の発展を象徴』  
 
  クロガネモチ  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   本市の山野に分布する常緑樹で、樹姿は雄大樹性  
  は強健です。通称「実つぎ」と呼ばれ、11月から  
  3月まで枝いっぱいに赤い実をつけ、美観をそえま  
  す。      
   また、この木を群植したときは、この実を求め    
  て多くの鳥類が集まります。    
   粘り強くてたくましく成長する姿は、市勢の発展  
  を、集まる小鳥からは、市民の融和を表現してい    
  ます。    
 
       
  市花 カノコユリ    
  『初夏に咲くピンクの花は、市民の優雅さと情熱を、  
  そのたくましい生命力は市民の活力を象徴』    
 
  カノコユリ  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   カノコユリの原産地は日本と台湾で、特に、本市    
  に存する甑島は、「鹿の子ゆりのふるさと」として、    
  道路端や山間部のいたる所に自生しています。    
   カノコユリの名前の由来は、桃紅地に濃厚な斑点    
  の対比を、「鹿の子しぼり」にたとえて、江戸時代    
  の愛好家が名付けたものと伝えられています。    
   ヨーロッパや欧米でも、その美しさゆえに人々    
  を魅了し、現在も愛され続けています。    
       
       
  市鳥 メジロ(スズメ目メジロ科)    
  『甲高く活気あふれる鳴き声は、市民の力強さと明朗性を象徴』  
         
   メジロ  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   本市では、「ハナシ」と呼ばれておりますが、雀  
  より小さい日本特産の樹上性の保護鳥です。昔か  
  ら、高音で響くさえずりが好まれ、姿も極めて愛  
  らしく、飼鳥として知られています。  
   樹木の小昆虫類をはじめ、アブラムシ、貝殻虫、  
  蛾類を食べ、森林の害虫駆除の上からも極めて有  
  益な鳥です。   
     
       
  市魚(川) アユ  
  『激流ともいえる流れの早い流心に定位する姿は、何事にも負けない  
  不屈の精神を、また、集団で行動する姿は、市民の協調融和の精神を象徴』
     
  アユ  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
    背側は青みがかったオリーブ色、腹側は銀白色で、    
  長く立派な背びれが印象的な魚です。   
    中国や朝鮮半島の一部にも生息しておりますが、   
    その量は少なく、日本固有といってもいいようです。    
    アユは淡水魚というイメージがありますが、実際は    
  冬に生まれ、海で越冬した後、川を上ってきて、秋ま    
  で生きる1年魚です。    
    川に入ったアユは、川底の石につく珪藻類を食べ、    
  生息しています。    
       
         
  市魚(海) キビナゴ    
  『小さな体ですばやく回遊する姿は市民の力強さと明朗性を、  
  美しい姿は市民の豊かな心を象徴』    
         
  キビナゴ  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
    体側に美しい銀色と青の帯を持つ小さな魚です。   
  産卵期である春先に多く取れたことから、昔は、肥料  
  やカツオ・タイの一本釣り用の餌として利用されて  
  いました。しかし、DHAやEPAなどの不飽和脂  
  肪酸を多く含むことから、健康食品としての人気が  
  高く、特に産地である鹿児島県では人気が高いです。  
 
 
 

 

このページの担当部署
農林水産部 農政課 農業振興グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動