評価の方法

 宅地の評価方法

 

  1 (用途、状況類似地区の区分)

      道路・家屋の疎密度・公共施設等からの距離、その他宅地の利用上の便を考慮して用途、状

  況似地区を区分します。

                     ↓

  2 (標準宅地の選定)

      状況類似地区内から利用状況、土地の奥行・間口・形状等がもっとも標準的と思われる土地

    を、標準宅地として選定します。

                     ↓

  3 (標準宅地の鑑定)

      不動産鑑定士等に鑑定価格を求めます。

                     ↓

  4 (路線価の付設)

      鑑定価格をもとに、その標準宅地の沿接する街路の路線価を決定します。(地価公示の7割

    程度)それに比準してその他の街路の路線価を決定します。

                ↓

  5 (各筆の評価)

     一画地の宅地ごとに評価額を算出します。一画地は、原則として、一筆の宅地ですが、利用状況に

        よって、二筆以上の宅地を合わせて一画地とします。

  

  ※  平成6年度の評価替えから、宅地の評価は、地価公示価格の7割を目途に均衡化・適正化を図って

        います。

 

 農地・山林の評価方法

  

     原則として、宅地の場合と同様に標準地を選定し、その標準地の価格(その算定の基礎となる売買

   例価額に宅地見込みとしての要素等があれば、それに相当する価額を控除して純農地、純山林として

   の価格)に比準して評価します。

   

このページの担当部署
総務部 税務課 土地グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動