トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >   >  税に関するQ&A >  固定資産税 > Q 納税義務者が死亡した…

Q 納税義務者が死亡した…

Q 納税義務者が死亡した場合どうすればいいのでしょうか。

 

 土地・家屋について納税義務者の方が死亡された時は、相続人の方が納税義務を引き継ぐことになります。正式な名義変更は、法務局での手続きになります。(家屋の未登記の物件については本庁税務課で手続きして下さい。)

 

法務局での手続きがお済みで無い場合は、相続人の間で代表者を設定し、「相続人代表者届出書」により届け出てください。その後は、設定された代表者に、固定資産税納税通知書等を送付させていただきます。(法務局での相続登記が完了した翌年からは、新しい名義人に送付いたします。)

 

なお、この届出では、土地家屋の名義変更したことにはなりません。また、相続の登記や相続税などとは一切関係ありません。

 

   問合せ先 本庁 税務課土地グループ・家屋グループ

             または各支所 地域振興課

皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動