トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >   >  税に関するQ&A >  固定資産税 > Q マイホームを建築予定…

Q マイホームを建築予定…

Q マイホームの建築を予定しています。どのような税の負担があり、年間どれくらいの支出になりますか?

 

 家屋を新築しますと、固定資産税(市税)・不動産取得税(県税)等の税金が発生します。その他には、所得税の特別控除を受けられます。

固定資産税 … 4月・7月・9月・12月の年4期に分けて納めていただきます。(3年に1回評価額の見直しがあります。)

不動産取得税 … 県税で取得時、1度だけ課税されます。

 

【固定資産税の新築住宅に対する減額措置】

新築住宅については、床面積が50~2802、併用住宅にあっては居住部分面積が全体の2分の1以上を占めていれば、120に相当する部分が一定期間2分の1に減額されます。※一戸建て以外の賃貸住宅にあっては、1戸の床面積が40~280

減額の期間は、一般住宅なら新築後3年度分、認定長期優良住宅なら新築後5年度分、3階建て以上の中高層耐火住宅等なら一般住宅は新築後5年度分で認定長期優良住宅は新築後7年度分です。

下記の計算例を参考にしてください。

<事例>

木造の専用住宅(床面積150)の評価額1,200万円の場合

本来の税額

12,000,000円×1.4%=168,000円・・・(1)

本来の税額のうち120相当税額は

168,000円×120/150=134,400円

このうち2分の1が軽減されるので、その税額は

134,400円×1/2=67,200円・・・・・・・・(2)

よって、軽減期間中の税額

(1)-(2)=100,800円(←1年間に支払う額)

注意:軽減期間が終了すると、税額は本来の額に戻ります。

その他、土地の取得が伴えば、土地に対しても、固定資産税、不動産取得税が課税されます。

 

【不動産取得税の減額制度(県税)】

家屋等を相続以外で取得(新築)した場合等に、1度だけかかる県税になります。

新築住宅の場合、不動産取得税評価額に3%をかけた金額が税額になります。ただし、床面積が50~240であれば、一般住宅は1,200万円、認定長期優良住宅は1,300万円の控除があります。

下記の計算例を参考にしてください。

<事例>

木造の専用住宅(床面積150)で固定資産税評価額が

1,200万円の場合

 固定資産税評価額=不動産取得税評価額×0.80

であるので

 不動産取得税評価額=固定資産税評価額÷0.80

          =1,200万円÷0.80

          =1,500万円・・・・・・・・・・・(1)

 控除後の不動産取得税評価額=(1)-1,200万円(控除額)

              =300万円・・・・・・・・・(2)

(不動産取得税)(2)×3%=9万円

 

 ※ 評価額はあくまでも目安としてお考えください。

 

【所得税の特別控除(税務署)】

住宅金融公庫等の公的金融機関(銀行・勤務先からの長期ローンも含む)から融資を受けて、家屋等を新増築された場合、一定の要件を満たしていれば、所得税について住宅を取得した年の分から住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)が受けられます。

(1) 控除を受けるための手続き

控除を受けるためには、税務署で確定申告を行う必要があります。確定申告の時期は、毎年2月中旬から3月中旬までです。

なお、毎年会社等で年末調整をされている方は、2年目以降については年末調整で控除を受けられます。

(2)手続きに必要な書類

・ 住民票の写し

・ 家屋の取得年月日・床面積・取得価格を確認できる書類

(建物登記簿謄(抄)本と、工事請負契約書・売買契約書)

・ 敷地購入等の借入金について、この控除の適用を受ける場合は、敷地等の取得年月日、取得価格等を確認できる書類

(土地登記簿謄(抄)本、売買契約書等)

・ 住宅取得資金にかかる借入金の年末残高等証明書

(申告用に各金融機関より送付されてきます)

・ サラリーマンの方は源泉徴収票の原本

※ 詳しくは、お近くの税務署までお問い合わせください。

 

 

このページの担当部署
総務部 税務課 家屋グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動