トップページ >  市政情報 >  広聴広報 >  市政モニター >  市政モニターアンケート結果 >  平成17年度 > 第1回市政モニターアンケート調査結果について(広報薩摩川内)

第1回市政モニターアンケート調査結果について(広報薩摩川内)

「広報薩摩川内」についてのアンケート調査結果
「広報薩摩川内」について伺いました。
市政モニター99人に対してアンケート調査を行いました。
問1 「広報薩摩川内」は毎月10・25日号の月2回発行していますが,どのように読んでいますか。
回答内容 回答
1.全てのページをじっくり読む 33
2.必要・関心のあるところだけ読む 55
3.写真や見出しを見る程度 2
4.全く読んだことがない 0
問2 「広報薩摩川内」の中で興味のあるコーナーはどれですか。
回答内容 回答
1.表紙 27
2.行政トピックス 49
3.お知らせコーナー(催し・募集など) 64
4.まちの話題 53
5.当番医・夜間当番医などのお知らせ 24
6.暮らしの情報(心配ごと相談など) 25
7.こどもギャラリー 11
8.季節百景 21
9.薩摩川内うまかもん 23
10.全てに興味がある 14
11.特にない
2
問3 「広報薩摩川内」の中で取り上げて欲しい事柄や新設して欲しいコーナーを御記入ください。
◎寄せられた意見のうち主なものは,次の通りです。
○世界の文化遺産,自然遺産等が指定され人々の関心をひいていますが,それにあやかって薩摩川内市の自然遺産を市民からのリクエストを募り,指定して紹介する。
○文化財や各公園などを紹介してもらいたい。
○本市の歴史・郷土史などをもっと詳しく知りたい。
○新聞に掲載されているような読者の声を掲載する。
○買い物袋の各自持参を,市民商店に常時呼びかける。
○健康コーナーを設けて,食生活・日常生活の注意を呼びかける。
○交通事故に関する啓蒙記事。
○伝統文化を掲載してもらいたい。
○市民からの情報コーナーが欲しい。例えば会員募集,ボーイスカウト募集,趣味の会の講演会。
○甑島版等支所版を設けて,その支所・関係地域に配布してもらいたい。
○民間団体の広報・お知らせコーナー
○公共施設の経営状態・勤務状況
○コミュニティ協議会で取り組んでいる行事・催し物,独自性を活かしたまちづくりの活性化策
○地域でがんばっている人の素顔とコメント
○子育て支援・子育て相談コーナー
○市長のメッセージ(現在取り組んでいる事柄と課題)
○小・中・高校の話題や心あたたまる話題
○市内各地域の施設や隠れた名所,物産館
○各地域の自治会を紹介するコーナー
○おいしいお店の紹介
○企業等の求人情報
○姉妹都市の特集や観光などの紹介
○市長の視察地の紹介
○出生届のおめでとうコーナー,お誕生日おめでとうコーナー
○各地域ごとの特集
○各課の紹介や問題点
○ボランティア活動している人・団体の紹介
○幼稚園・保育園の行事紹介
○市内の温泉施設の紹介
○新市の財政を軌道に乗せるための方向性を示してもらいたい。
○市木・市花・市鳥・市魚を写真で紹介(1年程)
○条例や規則を具体的な内容を掲載してもらいたい
○火災に際しての初期処置及び誘導方法
問4 「広報薩摩川内」の中で縮小・廃止してもよいと思うものはありますか。
回答内容 回答
1.表紙 1
2.行政トピックス 2
3.お知らせコーナー(催し・募集・その他) 0
4.まちの話題 1
5.当番医・夜間当番医などのお知らせ 2
6.暮らしの情報 5
7.こどもギャラリー 6
8.季節百景 5
9.薩摩川内うまかもん 6
10.特にない 72
問5 現在「広報薩摩川内」のページ数は原則12ページですが,このページ数をどう思いますか。
回答内容 回答
1.かなり多い 2
2.多い 8
3.ちょうどよい 69
4.少ない 9
5.かなり少ない 0
問6 「広報薩摩川内」は縦書きを基本にしていますが,これについてどう思いますか。
回答内容 回答
1.縦書きが見やすくてよい 52
2.横書きが見やすくてよい 9
3.どちらでもよい 26
問7 「広報薩摩川内」は毎月2回発行していますが,この発行回数をどう思いますか。
回答内容 回答
1.増やした方がよい 4
2.今のままでよい 69
3.減らしたほうがよい 13
問8 問7で「1.増やした方がよい」と答えた方に伺います。どれくらいの回数が適当だと思いますか。
回答内容 回答
1.月に3回程度 3
2.1週間に1回程度 0
3.1週間に2回程度 0
4.それ以上増やす 0
問9 問7で「3.減らした方がよい」と答えた方に伺います。どれくらいの回数が適当だと思いますか。
回答内容 回答
1.月に1回程度 11
2.2か月に1回程度 1
3.半年に1回程度 0
4.それ以上減らす 1
問10 「広報薩摩川内」は自治会を通じて配付していますが,これについてどう思いますか。
回答内容 回答
1.現状のままでよい 76
2.新聞への折込による配付がよい 3
3.公共施設に設置して必要な人が取りにいく 2
4.インターネットで閲覧できればよい 2
5.その他 6
問11 「広報薩摩川内」の記事を読んで実際に施設を利用したり行事に参加したりしたことが
ありますか。
回答内容 回答
1.利用・参加したことがある 68
2.利用・参加したことがない 22
問12 「広報薩摩川内」についてどのように感じていますか。
回答内容 回答
1.読みやすい 17
2.どちらかというと読みやすい 26
3.ふつう 39
4.どちらかというと読みにくい 6
5.読みにくい 1
6.その他 0
問13 今後「広報薩摩川内」が市民に親しみやすく,また,利用されやすい広報紙となるため
にどういった改善を望みますか。(3つまでに○を付けてください。)
回答内容 回答
1.文字を大きくする 34
2.文字を小さくして情報をより多く,詳しくする 1
3.カラーページを増やす 21
4.イラストや写真を増やす 30
5.その他 6
6.今のままでよい 32
問14 「広報薩摩川内」の用紙サイズについて,どのサイズが読みやすいと思いますか。
回答内容 回答
1.A4版(現在のサイズ) 83
2.タブロイド版(県政かわら版のサイズ) 6
3.新聞サイズ 0
問15 広報紙で広告収入を得ている市町村があることを知っていますか。
回答内容 回答
1.知っている 17
2.知らない 72
問16 「広報薩摩川内」に広告を掲載し,広告収入を集めることについてどう思いますか。
回答内容 回答
1.賛成である 44
2.反対である 28
3.その他 12
問17 問1で「4.全く読んだことがない」と答えた方に伺います。広報薩摩川内を読まない理由は何ですか。
回答内容 回答
1.内容に興味がないから 0
2.情報量が乏しいから 0
3.市政に興味がないから 0
4.「広報薩摩川内」が読みにくいから 0
5.読んでいる暇がないから 0
6.「広報薩摩川内」が身近にないから 0
7.「広報薩摩川内」を知らなかったから 0
8.その他(               ) 0
問18 「広報薩摩川内」や,薩摩川内市の広報活動について御意見や御提案がありましたら御自由に記入ください。
◎寄せられた意見のうち主なものは,次の通りです。
○ホームページに情報を掲載し活用してもらいたい。地図など具体的な案内が欲しい。
○情報開示の早さを望む。
○広報紙のページ数にこだわらず,ページ数が多い月少ない月があってもよい。
○催し・案内など市広報・商工会・観光協会・まちづくり公社などいくつもの機関がバラバラに情報をリリースしている。市内の情報を集約してくれる仕組みがあると便利。(インターネットを使う)
○高齢になると小さい字が読みにくい。配慮をお願いしたい。
○市の広報活動の実態が伝わってこない。市民に周知徹底する必要があるものは,広報車を使って知らせるようにしてもらいたい。また,掲示板を設置してポスターを貼ることも必要。
○知らせることが中心の官報的な現在の広報のスタイルでは,原形を変えてもあまり効果はない。定期的に担当者が配置転換となる現状では多くを望めない。専門職の委託業者に委託し,編集・発行に一定の基準を設け,経費削減して効果的に変えることが大事。月刊誌としてページ数を増やし,市民が持って歩いて生活の参考にできるものにしてもらいたい。市民が参加して短編小説など掲載できたら楽しい。
○テーマを決めた特集が少ない。港・綱・温泉などテーマはあるはず。
○毎回楽しみに待っている。いい紙面づくりをお願いしたい。
○勤務が市外なのでとても重要な情報源です。文化面をもっと取り入れてもらいたい。
○自分達の地域の事を記載してもらいたい。例えば,学校紹介やスポーツ少年団。自分の子や
孫が写っているとうれしい。
○地元記事が少ないのが寂しいが,興味の幅が広まった。
○紙質を下げてコストを下げるようにしたら。
○各家庭に一斉放送のスピーカーがある。もう少し活用したらどうか。
○広報紙だけでなく,他のメディアも利用し幅広く活動してもらいたい。
○合併前の広報紙の方が良かった。自分の町が掲載されていないと面白くない。
○月2回の発行がもったいないような気がする。
○地域の出来事を均衡に載せてもらいたい。
○いつもどんな情報が載っているか楽しみ。
○広告という意味も込めて市内にある店のことを知りたい。
○弱者や恵まれない境遇にありながら頑張っている人の紹介。
○読みやすくするために全て横書き,左とじを提案する。縦・横の混在は読みにくい。
○広報紙の話題が身近に感じられなくなった。全域と地域別との紙面作りはできないか。
○多方面にわたって編集されていて,読む方の情報を知ることができる。
○色々な広報紙や資料を保管するときは左とじがよい。
○できるだけ広範囲に取材し,まちの話題等公正に取り上げてもらいたい。
○現在の職員数で情報を増やしてもらいたい。
○努力していると思う。情報収集に各支所の協力が必要と思われる。今後の活動を見守りたい。
○対等合併なので川内市重点とならないように。催し・当番医など。
○地方における唯一の情報源である。有り難い。
○旧町村ごとの支所だよりも発行すべきである。
○川内付近の記事が多いと感じる。
○各町内の状況が多く登載され,十分活用している。
このページの担当部署
企画政策部 広報室 広聴広報グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動