トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  ごみ・し尿・浄化槽 >  ごみ処理・し尿処理 > ごみの不法投棄・野焼きは禁止されています!

ごみの不法投棄・野焼きは禁止されています!


廃棄物処理法で廃棄物の不法投棄・野焼きは禁止されて
います!

〔不法投棄の禁止〕
 公共の河川や道路のほか,山林や田畑などへ廃棄物を捨てたり,放置したりすることは
廃棄物処理法により禁止され,罰則規定もあります。


〔野焼きの禁止〕

 廃棄物処理法では,一部例外規定を除き,適正な焼却設備を使わずに,木くず,紙くず,
廃プラスチック等を積み上げて燃やしたり,穴を掘って燃やしたりすることは禁止されてい
ます。

※「適正な焼却設備」とは・・・

 〔廃棄物を焼却する場合の焼却設備の構造基準〕
 1 空気取入口及び煙突の先端以外に焼却設備内と外気とが接することなく,燃焼室に
  おいて発生するガス(以下「燃焼ガス」という。)の温度が摂氏800度以上の状態で廃棄物
  を焼却できるものであること。

 2 燃焼に必要な量の空気の通風が行われるものであること。

 3 外気と遮断された状態で,定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することができるものである
  こと(ガス化燃焼方式その他の構造上やむを得ないと認められる焼却設備の場合を除く。)。

 4 燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定するための装置が設けられていること。

 5 燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。


このページの担当部署
市民福祉部 環境課 廃棄物対策グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動