トップページ >  市政情報 >  情報公開・個人情報保護 > 薩摩川内市の個人情報保護制度について

薩摩川内市の個人情報保護制度について

個人情報保護制度

 情報処理技術及び電気通信技術の進歩による情報化社会の進展は、生活に便利さと豊かさをもたらしている反面、個人情報の取扱いが適正になされない場合は、個人の権利利益に深刻な影響を及ぼすおそれがあります。

 行政運営においても個人に関する情報が大量に収集され、保有している個人情報が様々な事務に利用されています。

 「薩摩川内市個人情報保護条例」は、市が取得し保有する個人情報の取扱いに関する基本的事項を定めるとともに、市が保有している個人情報について、本人が自分に関する個人情報の開示・訂正・利用停止を請求する権利を明らかにすることにより、市政の適正かつ円滑な運営を図りつつ、個人の権利利益を保護することを目的としています。

個人情報とは?

 個人に関する情報であって、その情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む。)、または、個人に関する情報であって、個人識別符号が含まれるものをいいます。

個人識別符号とは?

 身体的特徴を電子計算機の用に供するために変換した符号 (DNA、顔、虹彩、声紋、歩行の態様、手指の静脈、指紋・掌紋を電子計算機のために変換した符号)、または、対象者ごとに異なるものとなるように役務の利用、商品の購入や書類に付される符号 (旅券番号、基礎年金番号、免許証番号、住民票コード、マイナンバー、各種保険証の被保険者番号など)のことをいいます。

 

薩摩川内市が個人情報を適正に取り扱うための基本ルール

1 取得の制限
  個人情報を取得するときは、個人情報の利用目的を明確にして、目的達成に必要な範囲内で、本人から直接取得することを原則とします。

2 利用・提供の制限
  原則として、個人情報の利用目的を超えて個人情報の利用または提供はしません。

3 適正管理
  個人情報は、正確かつ最新のものを保有することとします。また、漏えい、改ざん、滅失等のないように管理し、不要になった情報は確実かつ速やかに廃棄または消去します。

4 個人情報取扱事務登録簿の作成・公表
  市では、個人情報を、いつからどのような目的で利用しているかを明らかにするため、個人情報取扱事務登録簿を作成して、市の情報公開コーナー(本庁1階文書法制室内)及び各支所地域振興課内に置き、その内容を閲覧できるようにしています。
 


開示などを求める権利

 どなたでも、市が保有する自分の個人情報の開示を請求することができます。また、開示を受けた個人情報について、事実でないと思うときは、その訂正を請求することができます。更に、個人情報の取扱いが、法令等に違反していると認めるときは、その利用停止を請求することができます。

開示請求の手続き

 開示請求をしようとするときは、本人または法定代理人等が、個人情報開示請求書に必要事項を記入の上、庁1階の文書法制室または各支所地域振興課に提出してください。

手続きの際必要なものは?

・本人が手続きするときは、本人であることを確認できる書類(旅券、運転免許証、マイナンバーカードなど)

・法定代理人等が手続きするときは、開示請求に係る個人情報の本人の法定代理人等であることを証明する書類(戸籍謄本、委任状など)及び法定代理人等自身であることを確認できる書類(旅券、運転免許証、マイナンバーカードなど)
 

ダウンロード

 

 開示請求があった個人情報に関する事務を行っている課等(所管課等)は、請求があった日の翌日から原則として15日以内に個人情報を開示するかどうかの決定をし、その結果を文書でお知らせします。法令等に規定がある場合など開示できない情報もあります。

開示はいつ、どこで

 開示は、決定通知書でお知らせした日時、場所(通常は、本庁1階情報公開コーナーまたは各支所地域振興課)で行います。開示の際にも本人であることを確認できる書類(旅券、運転免許証、マイナンバーカードなど)を提示していただきます。


開示実施に伴う費用

 閲覧は無料ですが、文書の写しの交付または電磁的記録を複製したものの交付については、費用を負担していただきます。なお、郵送による交付の場合は、あて先を記入した封筒と郵送用の切手を提出していただきます。
 

・文書または図画による交付:A3判以下の場合 1カウントにつき白黒10円、カラー50円

・録音テープによる交付:1巻につき200円

・ビデオカセットテープによる交付:1巻につき300円

・フレキシブルディスクカートリッジによる交付:1枚につき60円

・光ディスクによる交付:1枚につき100円

 
不開示などの決定に不服がある場合

 不開示などの決定に不服がある場合は、不服申立て(審査請求)または訴訟をすることができます。審査請求の場合、市は、学識経験者等で構成する「薩摩川内市情報公開・個人情報保護審査会」に諮問し、その結果を尊重して審査請求に対する裁決(決定)をします。

ダウンロード
関連情報
このページの担当部署
総務部 文書法制室 文書グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動