トップページ >  市政情報 >  広聴広報 >  市政モニター >  市政モニターアンケート結果 >  平成17年度 > 第4回市政モニターアンケート調査結果 【観光船・水中展望船】

第4回市政モニターアンケート調査結果
【観光船・水中展望船】

第4回市政モニターアンケート調査票 2
【観光船・水中展望船】
●観光船・水中展望船の魅力づくりについて
問1-1 観光船・水中展望船を利用されたことはありますか。
利用あり 知っているが
利用無し
知らない 無回答
19 24 42 13
問1-2 利用した回数
項目 1回 2回 3回 4回 5回 5回以上
きんしゅう 6 6 1 0 0 0
かのこ 8 2 0 0 0 1
おとひめ 0 1 2 0 0 0
問2 利用の目的は何でしたか。
周遊観光 15
釣り 1
その他 7
問3 主にどなたといらっしゃいましたか。
1人 家族 友人 団体 仕事関係 その他
0 6 3 7 4 0
問4:満足した点はありますか
項目 理由
海の美しさ
観光船「かのこ」 ウミネコが乱舞する時期だった
きんしゅう 地元でもなかなか見られないものを見ることが出来た
観光船「かのこ」 初めて海からナポレオン岩を見て感動した。
周遊観光 自然を満喫できた。
海中の魚の様子が手に取るように見えたこと
自然の雄大さを実感
ナポレオン岩 大きさにびっくりした。甑のシンボル
景色 今までに見たことのない景観だった
船長 親切でよく説明してもらった
甑島を一周したが、ナポレオン岩など甑島の裏側はまれに見る絶景である。
全国的にみて観光資源になりうる
各観光船 自然を相手の事業で甑島の自然の素晴らしさを満足させてくれました。
今後も続ける必要があると思います。
おとひめ 遊覧中イルカに出会った
問5:不満はありましたか
項目 理由
きんしゅう 案内放送を詳しく。
(たまには方言も使って)
観光船「かのこ」
きんしゅう 50名位の団体では全員で乗れない。
船酔い
案内をする職員の養成が必要である。
かのこ・おとひめ   観光は一回であきてしまう。
問6 全体的な満足度はいかがでしたか。
大変満足 やや満足 やや不満 不満
7 5 5 0
問7 利用されなかった理由として当てはまるものがありましたらお答えください。
魅力が感じられない   2
場所がわかりづらい   3
交通の便が悪い   9
暇がない   18
興味がない 5
利用料が高   3
その他 24
問8 今後利用したいと思いますか。
利用したい 時間があれば利用したい 利用しない
19 36 5
問9:観光船・水中展望船の魅力作りに必要なもの,不足しているものはどのような
   ものだと思いますか。具体的な意見・要望等を各項目を空欄に自由にご記入ください。
利用したあと心に残る何かを人々に与えられるかが問題。
民間企業のよさは生活をかけて人を呼ぶ努力をするでしょう。
公企業なら親方日の丸で、毎月収入がはいるから命がけというのがないのでしょう。
広告の不足。料金の設定
案内・説明不足の感じがしました。
ボランティアでも募り、要人のガイドが必要。(今はいらっしゃるのかもしれません)
案内所に料金・運行時間等の案内がなかったように思います。
太平橋下トトングチに恒久的船付場の設置
川内川での屋形船の民間経営(出来れば2社競営)
引き潮時でも川内川に10人乗位の外洋船が運航出来る様に川底の整備を国土交通省に実施してもらう
船遊びの楽しさと同類項のつり場を太平橋付近に造る
乗船前にコースの事前案内をビデオ放映し、お客様が知識を得てから乗船して頂くとお客様も満足されるのではないのでしょうか。
宿泊を兼ねた大敷網あげの体験などは無理でしょうか
島の海と は9月から10月が一番美しい(台風がなければ)。その時期にいかに客を呼べるかが
問題であるのに努力していると思わない。(宿泊施設その他)
きんしゅうは海底を見るだけではなく往復の景色も説明付の観光としてほしい
かのこは船室からばかり見るのではなく外からも眺められる様に出来ないものか
観光案内の育成指導等
回遊時間が速い。もっとゆっくりとした速度で自然を楽しめるようにしてほしい。
案内より時間を気にしている
広報等に写真付で載せる等、アピールしてほしい。
交通の便
格安な料金設定
魚つりもドッキングさせたら楽しみも2倍のような
観光案内・パンフレットを充実し、宣伝を強化
渡航費及び宿泊費・観光船をパックとした料金設定をし、誰でも利用しやすい料金にする。
事業があることさえ知らなかったので、他の町へもっとPRした方がよいのでは
PR不足。良さがまったく分からないから興味がわかない。
船の管理
観光船・水中展望船共に目的・目玉(ウミネコ見学・熱帯魚・ナポレオン岩見学等)がはっきりしているのでよい。後は付加価値をどうつけていくか
知ってはいるが、地理的な理由や料金的な理由で「わざわざ利用しよう」は思わない。
利用しやすい場所にあり、料金が安ければ色々と利用するチャンスはあるかもしれない。
誰でも気軽に利用できること
ガイド付の船があると良いと思う
まずは知ってもらうこと。そして利用料が安いこと。
(甑島の魅力は、海がきれいなことと魚がおいしいことくらいしかしらないから)
PR不足。自治会などを通じて教えてはどうか。
機会があれば、自治会や地区で希望者を募って頂いて参加したい。
小型船で無理とは思うが、川内港(又は太平洋)より出港して、
半日利用で観光、水中展望はできないだろうか
観光船等を太平橋下に停泊させ、一般公開してPRしてはどうか。
川内港近辺の観光船運航はできないものか。
川内駅から川内港へ各港の連携のアクセス。
アクセスパターンを作って九州全土の宣伝に努め観光客の増員をねらう。
民宿およびホテルの充実
合併した機会に甑島観光の企画をつくってもらいたい。
時間通りに走るだけでなく、ゆっくり観光できるようにしたらどうか(一長一短はあると思うが)
問10:観光船・水中展望船の魅力作りに必要な企画,イベントなどの
    ソフト事業はどのようなものが有効だと思いますか。
日本中で行われている企画・イベントを調べ薩摩川内市にある船にあうようにつくりかえ
薩摩川内風をつくる。
漁業をされている方に魅力のある場所を聞いてプラン等を立ててもらうのが良いでしょう。
夏場が 小・中学校の夏休みを利用し、甑島小・中学校父兄の交流をすることだと思います。
今も交流されていますが、もっともっと大々的にすることです。
魚あてコンテスト等
事業云々よりも、まず宣伝が足りない。定期的に来てくれる観光会社にもアピールが足りない。それからではないかと思う。
全てにですが、早め早めのお知らせ・広報・宣伝を
夜の遊覧も魅力があると思います。
親子・団体の利用料を割引
船からの景色、水中からの眺めの絵画募集・コンクール等で集客をはかる。
写真コンテスト
海の川柳大会
家族で乗船する時は子供料金を無料とする
紹介者等による乗船は料金を割り引きする
船から見える花火大会を開催する
学習・癒し
より多くの人に楽しさと素晴らしさを知ってもらうために無料体験会などを設ける
(応募者の中から抽選)
長目の浜等の観光と観光船、あるいは釣と観光をパックにした旅行商品を開発したらどうか
水中展望船が川内港等で出来ればいこうと思う。
大体において、こういうものは観光旅行のルート中に組み込まれており、単発で利用することは
少ないと思う。甑島自体の観光地開発が必要である。
川内港出発などの企画や希望する場所からの出発ができたらよいと思う。
何をメインに実施するか(他県であれば、イルカ・クジラウォッチング等)目玉となるポイントを作るべき。
割安なツアーを企画する。
有名人を呼ぶ
ただ乗るのではなく、乗ったことでいいことがいっぱいあったというような企画があればいいと思う。夏などは、海上での宴会とか(海上ビアホール)
小・中・高校生の交流を積極的に進める
高齢者を招待してPRを行う。
四季を通しての甑島の海の移り変わり、四季折々の魚獲り、食べ方等を紹介する事業を取り組んでみたらどうか。
鹿島町のウミネコの餌付け、観光中のトローリング等もおもしろいと思う。
問11:観光船・水中展望船についてご意見などをご記入してください。
満員であれば問題ないのですが、毎回定員をわっておるならば小中高生の遠足などに利用されるように何かヒラメキはありませんか。他県の資料があれば検討してみる価値はあると思います。
もっと近くで、安価で行ければよいと思います。
観光船も同じ場所だけではなくコースをいくつか設けて、お客様の感想を聞いてみては。
一度乗ったら、もう二回はないって言うのではなく、また行けば違うから何度も乗りたいと思うようなプランを立ててください。
ガイドが必要なのでは
広報で船から撮ったフォトコンテストをしてみてはどうでしょうか?
市民からみた素敵な景色を広く知ってみると「あ、行って見たいな!」と思うのでは?
私のように知らない人も多いかもしれません。
甑島~川内港間に送迎用の航路開設を行い観光客、市民が利用しやすいようにしてはどうか?
そうすることにより素晴らしい自然財産を利用活用できるのではないか?
川内港発着による日帰りツアー等の計画等はどうか?
大阪淀川観光船に乗ったことがあります。桜満開の時の観光船は季節もよく圧巻でした。
グァムで水中展望船を体験しました。水中を泳ぐ魚たちが強く印象に残っています。
水中45mの世界はすばらしいでした。スタッフは親切丁寧でよく訓練され魅力的でした。
行ってみたいと思うものの気軽さがない。
ナイトクルーズや花火大会等を企画してはどうか
料金が高いと思う。
甑島観光の為良いと思います。ほかでは真似できない。
PRは行っていると思うが、なかなか目にしない。
島の魅力を伝える方法を考えてほしい。
島で一番過ごしやすく観光にふさわしい時期のPRをする。(TV等で取り上げてもらう)
休みを利用して出かけることになるが、天候に左右されることが多いと思うので限られた日数で出かけにくい
甑島以外(川内港・川内川)等でも四季に合わせて運航はできないものか。
今後の施設整備、管理運営が問われそう。
利用時は凪ぎであることを願いたい。
財政改革の中で廃止する方向ではなく、甑島の特性を生かした事業として利用者の多少によらず継続の方策をとってほしいと思う。
5・6年前にUターンしてきましたが、まだ観光船、水中展望船を利用したことがありません。
一度利用してみたいと思っているところです。
官が行う事業はおもしろみが少ない。思い切って民間にまかせてみてはどうか。
このページの担当部署
企画政策部 広報室 広聴広報グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動