トップページ >  市政情報 >  財政 >  財政状況 > 平成18年度当初予算の概要(財政事情の公表)

~『緊縮型選択集中予算』を編成~
平成18年度当初予算の概要

 平成16年に合併し,2回目の通年予算となる平成18年度当初予算は,前年度当初予算と比較して2.2%の減となりました。
 国においては,昨年度に引き続き歳出改革路線を堅持・強化し,また県においても,さらに踏み込んだ歳入・歳出両面にわたる徹底した見直しを行っており,本市を取り巻く環境は,年々厳しくなってきています。こうした中,効率的で実効性の高い行財政運営を進めるため,6項目の重点施策分野を設け,住民サービスの堅持と新市の一体的な発展を目指し,安定的な財政運営に努めていきます。

平成18年度当初予算の編成方針
●次の6項目を重点施策分野と位置付け,ソフト事業展開のための特定政策枠を創設
 1.地域協働 2.少子化対策・子育て支援 3.高齢者の健康増進 4.安全・安心まちづくり 5.農林水産業と観光・商業の連携 6.本市を支える人材育成
●経常的事務事業について,前年度比8%削減
●政策的事務事業(建設事業以外)については,前年度比7%削減
●建設事業については,前年度と同程度の予算を確保
●特別会計への繰出金や公営企業会計への補助金等についても,徹底した見直し
●中長期的な財政運営のもとに起債や基金繰入を抑制
   ・・・などを目標に取り組みました。

 本市の今年度の財政状況がどのようになっているのか,また平成17年度下半期の予算執行状況について「平成18年度当初予算の概要」を掲載いたしましたので,どうぞご覧ください。(広報薩摩川内5月10日号紙面
ダウンロード
このページの担当部署
総務部 財政課 財政グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動