トップページ >  市政情報 >  広聴広報 >  市政モニター >  市政モニターアンケート結果 >  平成19年度 > 平成19年度第2回市政モニターアンケート調査(防災行政無線による屋外放送について)集計結果

平成19年度第2回市政モニターアンケート調査(防災行政無線による屋外放送について)集計結果

平成19年度 第2回市政モニターアンケート調査集計表

(防災行政無線による屋外放送について)

 

 第2回市政モニターアンケート調査(防災行政無線による屋外放送について)

結果がまとまりましたので報告します。

 

●問1 市では防災行政無線を利用して屋外放送(以下,放送)を行っています。放送を聞かれたことがありますか。(屋外放送施設のない地域の方は,地域で実施されている放送と適宜読み替えたうえで回答してください。)

 

1 必ず聞く・・・・・・・・・・・・・・(  66  )

2 放送内容によっては聞く ・・・・・・(  12  )

3 ほとんど聞かない ・・・・・・・・・(   4  )

4 その他 ( 下記のとおり                         )

  ・山間部の為聞こえない時があるが聞こえる時は注意して聞く。 

  ・自宅に有線放送受信施設がないので聞くことはない。防災行政無線がない。

  ・家の中でははっきり聞こえないので,放送中と気づいたときは,戸を開けて聞くようにしている。

  ・自宅にいる時は,聞いているが勤務中は聞く事ができない。

  ・聞きとりにくい時がある。

 

これまでの1年間に下記の内容の放送を行いました。(旧4町4村の地域では,これ以外の放

送を実施している場合があります。)

 

 防災情報(大雨・台風) 2 選挙広報  3 交通安全運動  火災予防運動

 地域安全運動   ラジオ体操   戦没者追悼   食中毒注意報  尋ね人

10 クリーン大作戦 11 七夕逸品まつり 12 イベント中止情報 13 交通事故防止

14 川内・甑とれたて市 15 きやんせふるさとフェスタ 16 プロ野球ウエスタンリーグ 17 産業祭 18 薩摩川内・こしきお魚まつり

       

●問2 上記の放送のうち,放送する必要はないと思われるものがありますか。ある場合は(  )に頭の数字を記入してください。(複数回答可)

 

1 な い ・・・・・・・・・・・・・・(  55  )

2 あ る ・・・・・・・・・・・・・・(  31  )

(  ⇒  1件 ・   ⇒  6件 ・   ⇒  2件 ・  ⇒  2件

   ⇒  2件 ・   ⇒ 13件 ・   ⇒  9件 ・  ⇒  3件

   ⇒  5件 ・ 10 ⇒  5件 ・ 11 ⇒ 19件 ・ 12 ⇒  2件

 13 ⇒  4件 ・ 14 ⇒  9件 ・ 15 ⇒  5件 ・ 16 ⇒ 23件

17 ⇒  9件 ・ 18 ⇒  8件 )

 

●問3 上記の放送のうち,役に立った・参考になったことがありますか。ある場合は(  )に頭の数字を記入してください。(複数回答可)

 

1 な い ・・・・・・・・・・・・・・(   6  )

2 あ る ・・・・・・・・・・・・・・(  76  )

(  ⇒ 66件 ・   ⇒ 23件 ・   ⇒ 39件 ・   ⇒ 30件

   ⇒ 16件 ・   ⇒  2件 ・   ⇒ 10件 ・   ⇒ 26件

 ⇒ 32件 ・ 10 ⇒ 27件 ・ 11 ⇒  2件 ・ 12 ⇒ 25件

 13 ⇒ 24件 ・ 14 ⇒ 10件 ・ 15 ⇒ 11件 ・ 16 ⇒  2件

17 ⇒  9件 ・ 18 ⇒  9件 )

 

3 その他 ( 下記のとおり                        )

  ・自宅に受信施設がない。防災行政無線がない。

  ・市内においていろいろな行事・イベントがあることを知ることができる。

 

●問4 自宅内での放送の聞こえ具合について伺います。

 

1 よく聞こえる ・・・・・・・・・・・(  40  )

2 聞こえる ・・・・・・・・・・・・・(  15  )

3 聞き取りにくい ・・・・・・・・・・(  11  )

4 聞こえない ・・・・・・・・・・・・(   2  )

5 その他 ( 下記のとおり                        )

  ・有線放送をひいていません。

 

●問5 放送の音量について伺います。

 

1 大きすぎる ・・・・・・・・・・・・(   3  )

2 適当 ・・・・・・・・・・・・・・・(  53  )

3 小さすぎる ・・・・・・・・・・・・(   4  )

4 その他 ( 下記のとおり                        )

  ・放送施設が近くにないから音量の大小について言えない。

  ・わからない

  ・調整している。

  ・拡声機からの距離によって音量が大きいか小さいかは分かるはず。

  ・放送する人によって違う。

  ・自分の都合で大きく感じる事もあるが,それは受ける側の勝手ないい分ですが。

  ・窓を閉めていると聞きもらす事がある。

 

●問6 放送を聞き逃した時はどのようにされますか。

 

1 市役所(本庁・支所)に電話をする ・(   6  ) 

2 隣人に聞く ・・・・・・・・・・・・(  26  )

3 なにもしない ・・・・・・・・・・・(  32  )

4 その他 ( 下記のとおり                        )

  ・家族に聞く

  ・聞き逃した時は,放送があった事も知らないでいる。

  ・家族の聞いていた人にきく。

 

●問7 災害広報電話(23-9111)で,放送内容(川内地域の)を聞くことができるようになっていますが,聞かれたことがありますか。

 

1 聞いたことがある ・・・・・・・・・(   8  )

2 知っているが聞いたことはない ・・・(  17  )

3 知らなかった ・・・・・・・・・・・(  43  )

4 その他 (                               )

 

●問8 放送とは別に,朝・昼・夜の時報チャイムも流しています。定時のチャイムは,必要か伺います。

 

1 今のままでよい ・・・・・・・・・・(  56  )

2 気にならない ・・・・・・・・・・・(   8  )

3 止めたほうがよい ・・・・・・・・・(   1  )

4 その他( 下記のとおり                         )

  ・一部の意見で止めてある。近ごろ少し復帰しているが,何らかの目途になるので少しはあった方が良い。

  ・地域によって旧川内,旧東郷に二重に流れてくるので統一してみてはどうですか。

 

●問9 今後の屋外放送について伺います。

 

1 これまでどおりでよい ・・・・・・・(  58  )

2 放送内容を選択するべきである ・・・(  19  )

3 屋外放送は不要である ・・・・・・・(   1  )

4 その他( 下記のとおり                         )

  ・聞こえないという人が多いと思う。施設整備には財源もいる。広報紙で事前に周知すればよいと思う。

  ・わからない

  ・屋外放送が聞けない

  ・非常時だけでよい

  ・放送時間を緊急放送以外は朝6:30~7:30 夕方は6時以降に放送してほしい。

  ・放送はあっていいが,言葉を選ぶ事も大事かな?

 

●問10 屋外放送についてご意見やご提案がありましたらご自由にご記入ください。

● どこで火災が発生との情報を放送してほしい

● 防災行政無線は緊急(人命にかかわるもの)なことだけでよいと思う。

● 災害常習地帯であるので,公民会辺りに屋外放送を新設して欲しい。

● 放送施設整備のハード面を予算化,ソフト面を研究する。

● 市主催のスポーツ大会の事前放送はありますが,結果のお知らせがないようですが?

● 寄田地区は1ケ所だけあり,離れたところでは全く聞こえません。考慮してください。

● 火災予防や交通安全の放送は,初日・中日・最終日ぐらいでもよいのでは。尋ね人は少しでも情報を多くの人に流してもらえれば発見が早くできると思います。

● 山間部では聞こえにくいところがある。緊急時・災害時などは不安である。

● 旧町時代の有線放送に頼っています。災害時に孤立するおそれのある地区としては,防災行政無線は命綱です。早急な整備をお願いします。

● 有線放送は将来使われなくなるかもと聞いたのですが・・どうなるのでしょうか?

● 屋外放送が聞こえるように施設を備えてほしい。

● 入来町は各家庭に防災行政無線が設置してあり,また屋外放送も同時に放送している。緊急事態等を想定すると現状どおりでよいと思います。

● 屋外放送で時々途切れるところがあるようです。放送内容は適当と思います。

● 防災行政無線の放送内容は,かなり選択するべきと思います。ゆっくり,はっきり放送してください。

● 防災情報(大雨・台風)については,直近の情報を放送間隔を出来るだけ短くして流して欲しい。

● コミュニティ協議会主催の行事も放送して欲しいと思います。放送される人は研修を受けているのでしょうか。

● 一部地域の放送が機器等の不良なのか聞こえない。早急に防災行政無線の設置をお願いしたい。

● 災害時停電の場合,バッテリーで対応されていますが,放送が出来ないようなことにならないよう対応をお願いします。

● 高齢者の多い集落ですので,時報は勿論今までどおりでお願いします。

● 気がついたときには放送が終わっていることがある。何とかなりませんか。

● 屋内にスピーカー設置が義務付けられているところもあるようですが,スピーカーもなく屋外放送も聞き取れません。

● 選挙広報の回数が多すぎます。

● 屋外放送施設から離れている上に,国道や鉄道が有り聞き取りにくい。放送手段の研究をして欲しい。

● 広報車は幹線道路だけでなく,入り込んでいる家々にも周知徹底できるようお願いします。

● 交通安全運動など年に何回も実施される極めて定例的なものは,内容を工夫して放送する必要がある。

● 原子力発電所があるので万が一のときにも,確実に情報が流せるように定期的に機器のチェックをしなければならない。戦没者追悼以外に原爆投下日の放送も必要ではないでしょうか。

● スピーカーの音響が大きいため,時報の鳴り始めの前に予告音を鳴らしてもらえませんか。

● 各担当者がその都度放送するために,聞こえづらいことがあります。ゆっくり・丁寧に明確に放送してください。

● 災害時や尋ね人等市民にとって大事なことは,1時間おきに流してもよいのでは。断水等は前日位から数回流して欲しい。

● 市政の広報であるので統一したアナウンスの研修が必要である。地域によってニュアンスがまち々である。

● 交通事故や火災の放送は,当事者の方に少々気をつかう気持ちが欲しいので,注意を促すだけの放送でいいのでは。また,チャイムは子供達の生活のリズムになっているので必要と思います。

● 高齢の方には聞こえ具合・音量等,不便ではないかと思うこともあります。

● 尋ね人の放送はよいことと思います。どれだけの効果が出ているのか知りたい気もします。

● 放送は市の情報源として活用しています。交通事故や火災など特定の場所がわからないことがあります。放送をする人によって聞き取りにくいこともありますので,勉強会等をされるようお願いします。

 

(   )特にない 53件

 

このページの担当部署
企画政策部 広報室 広聴広報グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動