トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  景観 >  景観計画 >  経過 > ■薩摩川内市ふるさと景観計画素案をお知らせします

■薩摩川内市ふるさと景観計画素案をお知らせします

薩摩川内市では、本市の景観資源を保全し、活用するため、「雄大な自然と悠久の歴史・文化を体感できる ふるさと薩摩川内の風土づくり」を基本理念とした「薩摩川内市ふるさと景観計画(素案)」を策定しましたので、お知らせします。

内容としては、
●景観地区の前段階として景観提案地区、景観啓発地区を設けた。
●景観法で定められた、景観地区、景観重要建造物、景観重要樹木、景観重要公共施設のほか、「景観重要資産」を指定する。
●上記の景観提案地区、景観重要資産について地区コミュニティ協議会が提案できるとした「景観提案制度」を設けた。

以上、3点が当市計画の特徴と考えています。

【計画対象区域】 全市域
【計画期間】 平成21年度から26年度まで

【景観啓発地区】
景観地区指定を目指し、モデル的に3つの景観啓発地区を指定

●入来麓周辺地区・・・入来麓地区伝統的建造物群保存地区を中心とした地区
●藺牟田池周辺地区・・・県立自然公園条例指定地(第2種特別地域)を中心とした地区
●長目の浜周辺地区・・・県立自然公園条例指定地(第2種、第3種特別地域)を中心とした地区

【届出対象行為(大規模行為)】
●建築物・・・住環境保全に関する指導要綱に準じる行為と延床面積1000平方メートルを超えるもの
●工作物・・・高さ10mを超えるもの
●開発行為・・土地利用対策要綱に準じる行為

         
【行為の制限(主な内容)】
●高さ・・・周辺と調和し、まとまりのある高さとする。
●色彩・・・地域の景観及び既存のまち並みに配慮した色彩とする。
●外構・・・塀や柵は植栽又は透過性のものなどを使用するよう努める。
●緑化・・・できる限り緑化に努める。


素案に対するご意見の提出方法等については、下記のリンクページ『パブリックコメント手続き』をご覧ください。

意見提出期間:平成20年3月25日~5月9日


素案の概要と本文は、下記からダウンロードできますので、ご覧ください。
ダウンロード
このページの担当部署
建設部 都市計画課 景観グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動