トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  都市経営戦略 >  財政計画 > 薩摩川内市財政運営プログラム
トップページ >  市政情報 >  財政 >  財政運営プログラム > 薩摩川内市財政運営プログラム

★★★「薩摩川内市財政運営プログラム」の財政見通しの変更について★★★

 

   平成24年11月に、平成27年度から始まる地方交付税の合併特例措置の段階的縮減に伴う財源の減少という課題に対応するため、平成32年度までの財政運営の方向性を示す「薩摩川内市財政運営プログラム」を策定し、歳出の削減と投資の重点化に取り組んできました。      

 策定後、消費税や普通交付税などの制度改正、少子高齢化に伴う社会保障経費の増大などの社会情勢の変化があり、当初見込んだ財政見通しと実際の決算額とで差が生じるようになりました。
 

 こうしたことから、近年の制度改正や社会情勢の変化を反映して今後の財政見通しの推計を行い、プログラムの見直しの必要性を検証することとしました。
 
現行のプログラムの取組を続けた場合の今後の財政見通しは、平成32年度において財源ストック(積立金)は現行のプログラムの同程度確保でき、地方債残高も現行のプログラム以下となりました。

 このことから、現行プログラムは、継続して取り組むこととし、財政見通し及び予測条件のみを変更することとしました。
 

ダウンロード

★★★「薩摩川内市財政運営プログラム」の策定について★★★


これまで、合併後10年経過した平成27年度から地方交付税の合併特例措置が段階的に縮減されることを見据え、中長期財政運営指針に基づき人件費や公債費等の削減に取り組んできたところでありますが、平成27年度まで残すところ3年を切ったところであることから、今後は様々な施策課題に対処しつつ執りうる対策を具体的に示し、着実な財政運営を図れるよう道筋を示すことが必要であるため、中長期財政運営指針に替わる「薩摩川内市財政運営プログラム」を策定いたしました。

 

 【薩摩川内市財政運営プログラムの構成】

本プログラムは

(1)人件費の削減

(2)施設の統廃合

(3)普通建設事業費と維持補修費の規模見直し

(4)事業見直し

(5)成長戦略

と、5つの柱から構成されています。

大まかに言いますと、(1)から(4)は削減方策、(5)は投資の重点分野の設定となっています。

 

 【薩摩川内市財政運営プログラム実施期間】

実施期間は平成24年度から平成32年度までの9年間とし、定期的に見直しを行ってまいります。

 

※今後は、プログラムの推進体制を確立し進行管理を行い、プログラムの進捗状況等については随時公表してまいります。

※【広報紙掲載紙】財政運営プログラム概要を出力しホッチキス留めなどされる場合は、本概要版は左見開きとなっているので右側を留めるようにして下さい。 
 

ダウンロード

【これまでの経緯】

・ 平成16年11月 9日  薩摩川内市財政健全化計画・中長期財政運営指針の策定

・ 平成19年10月12日  薩摩川内市財政健全化計画・中長期財政運営指針の改定

・ 平成22年 3月25日  薩摩川内市中長期財政運営指針の改定

・ 平成24年11月      薩摩川内市財政運営プログラムの策定

ダウンロード
このページの担当部署
総務部 財政課 財政グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動