トップページ >  暮らしの情報 >  人生の節目に >  おくやみ > 国民年金を受けている人が死亡したとき
トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  保険・年金 >  国民年金 > 国民年金を受けている人が死亡したとき

国民年金を受けている人が死亡したとき

【 国民年金を受けている人が死亡したとき 】

国民年金を受けている人が亡くなったときは、「年金受給権者死亡届」が必要です。この手続きが遅れますと死亡日以後も年金が支払われ、後日返納していただくことになりますのでご注意ください。

 また、年金は死亡した月の分まで支払われます。死亡した方に支払われるはずであった年金が残っているときは、遺族の方にその分の年金(未支給年金)が支払われます。未支給年金を受け取ることができる遺族の方は、年金を受けていた方の死亡当時、その方と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等内の親族の順です。

1 手続きに必要な書類
(1)未支給年金の請求をする場合
 ○死亡者の年金証書
 ○戸籍謄本(死亡者と請求者の身分関係が確認できるものが必要です。)
 ○死亡者の住民票の除票
 ○請求者の世帯全員の住民票
 ○生計同一証明(死亡者と請求者の世帯が異なるときに必要です。)
  民生委員・自治会長・施設の長などの証明、健康保険証等でも可
 ○請求者の預金通帳
 ○請求者の認印

(2)年金受給権者死亡届のみの場合
 ○死亡者の年金証書
 ○死亡者の住民票の除票(死亡診断書のコピーも可)
 ○届出人の認印

2 手続先
 ○老齢基礎年金・障害基礎年金を受けていた方は本庁保険年金課・各支所地域振興課
 ○厚生年金を受給されていた方は年金事務所
 ○共済年金を受給されていた方は各共済組合

このページの担当部署
市民福祉部 保険年金課 国民年金グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動