トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  景観 >  景観届出制度 > 「薩摩川内市公共事業景観形成ガイドライン」を策定しました。

「薩摩川内市公共事業景観形成ガイドライン」を策定しました。

本市では、平成21年10月1日から景観法第16条第5項の規定により、国の機関又は地方公共団体が行う行為について、市に通知をしていただき、併せて「薩摩川内市ふるさと景観計画」に規定する「景観形成基準」について配慮していただいているところであります。

 

そこで、本市内で行う公共事業について、良好な景観の形成に配慮した事業を推進していただくために、景観検討の手続きと基本的な方向性を定めた「薩摩川内市公共事業景観形成ガイドライン」を策定しました。

 

公共事業景観形成ガイドラインのポイントは、下記のとおりです。

 (1) 景観検討の手続きとして、事前協議等について明記

 (2) 事業実施に当たり、基本的な事項や事業ごとの工夫、配慮すべき事項等を規定

 

ダウンロード
このページの担当部署
建設部 都市計画課 景観グループ
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-8389
お問合せ 提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動