トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  原子力 >  川内原子力発電所のトラブル・事故関連 > 川内原子力発電所1号機タービン建屋での事故について

 

川内原子力発電所1号機タービン建屋での事故について

 

 

  平成22年1月29日(金),九州電力株式会社川内原子力発電所1号機の定期検査中に作業員7名が死傷したタービン建屋での感電事故について,2月16日(火),市内のホテルで行われた薩摩川内市原子力安全対策連絡協議会にて,九州電力株式会社が経緯や概要等を説明しました。(説明資料は末尾参照) 

  なお,事故発生後の市の対応は以下のとおりです。

 

1月29日(金) 九州電力株式会社に対し口頭要請
1月29日(金) 安全協定に基づく立入調査を実施
2月 1日(月) 九州電力株式会社に対し文書要請(要請文は末尾参照)

2月  8日(月) 原子力発電所対策調査特別委員会にて,市と九州電力株式会社が概要報告
2月16日(火) 薩摩川内市原子力安全対策連絡協議会(委員47名)にて,九州電力株式会社が概要等を説明

 

ダウンロード

 


 


このページの担当部署
総務部 防災安全課 原子力安全対策室 原子力安全対策グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-25-1704
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動