トップページ >  暮らしの情報 >  トピックス > 海難事故にご注意ください
トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  防災・防犯・安全・安心 >  安全・安心 > 海難事故にご注意ください

海難事故にご注意ください

 

  これからの時期、市内の海岸は海水浴等のマリンレジャーを楽しむ人たちでに

ぎわいます。

 しかし、こうした楽しいレジャーも、時には悲惨な事故につながることがあります。

 

 

○海水浴の心得

 

 1 海水浴場で泳ぎましょう。

 

 2 けいれんなどを起こさないよう泳ぐ前に,準備運動は念入りに行いましょう。 

    普段使わない筋肉がけいれんする場合があります。

 3 アルコールを飲んだら泳がないことを心がけましょう。

    溺れる方の多くはアルコールを飲んでいます。
   
 4 過労や睡眠不足の状態での遊泳はやめましょう。

    波や潮の流れがある海での水泳は,体にかなりの負担がかかります。  


 5 保護者は,子供から目を離さないように注意しましょう。

    海水浴場の人混みの中では,子供はすぐに保護者を見失ってしまいます。
    保護者を探して海へ,そして溺水という痛ましい事故もあります。
   
 6 沖単独遊泳は慎み,必ず複数で行動しましょう。
 

 7 浜辺にはさまざまな流れがあり,沖に向かう流れ(離岸流)には特に注意しましょう。

    流れに入り込んでしまったときは,あわてず,岸に平行に泳ぎ、抜け出しましょう。


 

 


○ 離岸流とは

 

   岸から沖へ強く流れる,海水の流れのことで,とても強い流れのため,一旦この流れに乗って

 しまうと,逆らって泳ぐことはとても困難になります。

 

 

○ 離岸流からの脱出

 

 1 落ち着くこと! 「決して流れに逆らっては泳がない」

 

  岸と平行に泳ぐ! 「離岸流の幅はわずか10~30mだからすぐに抜け出せる」

 

  離岸流から抜け出せたら岸に向かって泳ぐ!

 

 

離岸流
このページの担当部署
総務部 防災安全課 防災グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-2403
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動