トップページ >  事業者向け情報 >  産業の振興 >  林務水産業 > キオビエダシャクに注意!!

キオビエダシャクに注意!!

イヌマキ(ヒトツバ)を食い荒らす害虫「キオビエダシャク」が発生しております。下記のような防除方法等が効果的です

キオビエダシャクとは

幼虫は、体長5cm程度で、色はオレンジ色と黒(又は灰色)及び黄色の模様のシャクトリムシです。幼虫に触れたり震動を与えると、糸を吐いて垂れ下がります。孵化直後の幼虫が葉を食害し、イヌマキが枯死します。薬剤等で駆除することが効果的です。

成虫の蛾(ガ)は、開長約6cm、体長約2cm程度で、紺色の羽に黄色帯に黒はん点模様があります。蛾そのものはイヌマキに害はありませんが、主に樹皮の裂け目や枝の付け根の粗皮部に1卵ずつ産卵します。発生は年3~4回以上です。

防除方法

イヌマキ等をよく観察し、幼虫を早期発見・防除を実施することが大事です。

1 少数発生のときは、木を揺らし落下した幼虫を拾い集めて焼却します。

2 大量発生のときは、薬剤散布。トレボン乳剤(4,000倍希釈)やスプラサイド乳剤(1,500~2,000倍希釈)が効果があります。※散布の際は、飛散防止対策を行ったうえで散布してください。

成虫幼虫

蛹卵

 

 

このページの担当部署
本庁 林務水産課林業振興グループ ・ 各支所 地域振興課産業振興グループ
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動