トップページ >  教育委員会 > 入来麓の武家屋敷はこんなもの
トップページ >  教育委員会 >  文化・芸術 > 入来麓の武家屋敷はこんなもの
トップページ >  教育委員会 >  文化・芸術 >  薩摩川内市の文化財 > 入来麓の武家屋敷はこんなもの

入来麓の武家屋敷はこんなもの

屋敷構え
入来麓の武家屋敷の特徴は,入口から玄関まで何度も折れ曲がって進む枡形虎口(ますがたこぐち)という作りになっています。玄関は,「おもて」と「なかえ」の喰い違った場所に作られており,屋敷の周囲は,石垣と生垣に囲まれており,外からの進入に備えた設計・建築されていることから,防備に対する意識が高かったことが窺えます。
関連情報
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動