トップページ >  市政情報 >  広聴広報 >  市政モニター >  市政モニターアンケート結果 >  平成22年度 > 平成22年度第4回市政モニターアンケート調査(財政事情の公表に関するアンケート)集計結果

 

平成22年度第4回市政モニターアンケート調査集計表

 

第4回市政モニターアンケート調査(財政事情の公表に関するアンケート)の結果がまとまりましたので報告します。

 

【問1】広報紙やホームページで見たことがありますか。 グラフ1
広報紙で見たことがある 64
ホームページで見たことがある 0
両方で見たことがある 3
見たことがない 7
 
グラフ2 
【問2】内容はわかりやすいですか。
はい 54
いいえ 20
 
グラフ3
【問3】わかりにくいところはどこですか。
※問2で「いいえ」の方のみ
ことば・用語がわかりづらい 12
表現が難しい 10
図や表が少ない 0
その他 6
【その他】
・数字の羅列だけでは内容が分からない。
・数字に弱い
・他市町村との比較が欲しい
・図は見やすいが,文字と数字のバランスが見づらい。
・○○費って何か?
グラフ4
【問4】わかりづらかった項目はどれですか。(複数回答可)
(1)当初予算の編成方針 6
(2)主な事業の紹介 9
(3)市民一人当たりの歳入・歳出 9
(4)市債(借入金)現在高 9
(5)一時借入金の状況 9
(6)市有財産の現在高 7
(7)歳入歳出予算の執行状況 9
(8)財政比較分析表 20
(9)決算の状況 5
(10)他市と比べてみたら 13
(11)健全化判断比率 21
(12)資金不足比率 17
【問5】興味を持った項目はどれですか。(複数回答可) グラフ5
(1)当初予算の編成方針 13
(2)主な事業の紹介 27
(3)市民一人当たりの歳入・歳出 36
(4)市債(借入金)現在高 19
(5)一時借入金の状況 4
(6)市有財産の現在高 7
(7)歳入歳出予算の執行状況 12
(8)財政比較分析表 19
(9)決算の状況 15
(10)他市と比べてみたら 43
(11)健全化判断比率 9
(12)資金不足比率 9
グラフ6
【問6】全体的な情報量はどうでしたか。
多かった 14
ちょうどよい 52
少なかった 7
 
【問7】公表された項目以外で知りたい内容がありますか。 グラフ7
ある 40
ない 33
 
グラフ8
【問8】公表された項目以外で知りたい内容を選んでください。(複数回答可)
(1)県内の市町村との比較 17
(2)予算の内訳を家計簿に置き換えると… 11
(3)予算額の大きい事業のランキング 6

(4)地域ごとの主な事業

29
(5)その他 4

【その他】
・市民の所得水準と市職員の給与水準との比較
・バランスシート
・1人あたりの平均職員給と市議会議員の平均報酬
・義務的経費の細部
・県外を含めて同規模他市との比較

グラフ9
【問9】現在,当初予算に関するものは5月,決算に関するものは12月に公表していますが,これらの公表の時期は適当ですか。
適当である 60
どちらでもない 10
適当でない 4
 
【問10-1】公表の時期が適当でない場合適当な時期はいつごろですか。(当初予算公表分) グラフ10
1月 0
2月 0
3月 1
4月 0
5月 0
6月 0
7月 0
8月 0
9月 0
10月 0
11月 0
12月 0

【理由】
・予算は実行前に公表してほしい。

【問10-2】公表の時期が適当でない場合適当な時期はいつごろですか。(決算公表分) グラフ11
1月 0
2月 0
3月 0
4月 1
5月 1
6月 0
7月 0
8月 1
9月 1
10月 0
11月 0
12月 0

【理由】
・時間がたつほど過去の数字となるので早く知りたい。
・会計が年度であれば4月にできるのでは。
・電算化されているから上半期までには公表すべき。12月に出す頃は一般社会は次年度を想定している。

 

 

 

【その他の意見】

 

・合併前の正職員・パートの人件費と合併後の正職員・パートの人件費,各支所における人員の配置を知りたい。

・原発3号機増設の財源的なメリットを知りたい。

・5月の当初予算公表時,前年度,前前年度との比較表をつけたら。

・合併後職員の定数が減ってきているが,働くところが少なくなってきている現状では,定数は減らさず,総人件費を減らすことを考えるべきではないか。市職員の給与水準は他の類似団体に比較して高い方だと思うので。

・更なる行政改革と歳出縮減に努めてください。

・福祉の充実と社会保障の向上に取り組んでもらいたい。

・常に弱者の立場で物事を進めてください。

・大事な財政ですが,主婦にとって苦手意識があります。こんな不況の時代ですので市でも苦労されていると察しますが,担当の皆さんに頑張ってもらいたいと思います。

・公表されることは良いことですが,文字(活字)が小さく読みづらい。視力の悪い方は疲れるのでは。よって,もっと大きな文字で書いたら(印刷したら)良いのではないかと思います。

・用語解説はあったが,もう少し解りやすくして欲しい。具体的には家庭内の収支内容に置き換えたら何にあたるとか。財務用語を一般の主婦でもわかるように細かくわかりやすく解説して欲しい。

・市の財政状況となると,普段なじみが薄いですが,今回資料の中で用語の解説等がなされており,わかりやすくてより理解が深まった。特に財政比較分析表ではそれを強く感じた。

・行政も市外から収益をとれる事業を展開しましょう。指定管理制度の積極的かつ柔軟な活用。

・薩摩川内市の職員の方々は今の経済状況の中では,恵まれているのではないでしょうか。国の給与水準と殆ど変わりない給与水準であるように受け取りました。一般労働者は,朝から深夜まで働いてもそこまで給与は望めません。近隣の阿久根市とまではいいませんがもう少し改善の方向で考えられることを望みます。

・素人には一読しただけではなかなか難しくて読み流しになっている人が多いと思います。「家計簿に置き換えたら」のような少しマンガチックのような表現も入れてもらえると理解できるかなと思います。

・わかりづらいものは,家計簿に置き換えた方がわかりやすい。例えば,健全化比率及び資金不足比率についても,平成19年度から数年経過し,法律により公表しなければならない旨の記載は不用と思われるので,これに変えて,その趣旨等を家計簿に置き換えて説明した方がわかりやすいと思います。

・現状で充分ではないでしょうか。満足しています。

・わかりやすくて良いと思う。

・始めて見ることができて勉強になりました。

・財政健全の為の市民への協力要請が薄い。

・他市との比較が,鹿屋と霧島に限定されており,他県の優良市の例を挙げて劣っている我が薩摩川内市を広めて理解を求める方がよい。

・行革委員の斬新な手法が伺えない。

・市民一人当たりの歳入・歳出は興味を持ちやすいが,各項目をもっとわかりやすいように身近な事に置き換えた言葉にした方がもっとよいのでは。

・市町村財政比較はわかりやすいが,その比較となる市町村の財政が全体的に厳しいのであれば比較をしてもあまり意味がないのではと考えます。

・職員数の多さ,給与水準の高さ等改めて驚きました。

・あまりこまごました文章はわかりにくいですが,グラフで表したのは分かりやすいです。しかし,億単位は難しいです。

・財政状況が詳細に開示されているようです。「健全な財政運営」は無理せず,有る時の節約・無い時の辛抱(金・物資)を念頭に,身の丈に応じた予算編成でいいのでは。

・市長の市政に対する思いが支出でよくわかる気がする。市長に頑張ってほしい。

・何が問題点であるのか,市民としてもっとわかりやすい簡単な表現が欲しい。

・市のやろうとしていることは分かったし,努力しているのも感じた。

・ポイントポイントが色分けしてあり目に止まりやすいしわかりやすかった。

・特に予算について,地域振興関連事業をコミュニティ単位で示してほしい。

・市有財産区分の内容についてもっと知りたい。

・人口比率で当市は職員数も多い。とりわけ人件費,物件費が上回っていることは明らかです。定数削減(議員も含む)に努めてほしい。

・市民の血税で市そのものを動かしている。その他,交付税や原発等もあるが,毎月の広報紙に現況を示してほしい。原発の交付金,産廃の交付金は市民に影響があるから使途を明確に公開して欲しい。

・民生費の予算が多いようですが,使途を公開してください。民生委員の活動はどうなっているのか知りたいです。

・もっと子育て支援に力を入れてほしいと思いました。

・一般市民にわかりやすいように簡素化して欲しい。

・家庭の家計簿みたいな表現方法で行った方がわかりやすいと思います。

・ふだん目にすることのない大きな数字ばかりが並び検討できないが,財政比較分析表はわからないなかでもいくらか興味深く思いました。

・グラフなど使ってかなりわかりやく書いてあると思います。

・本市の財政状況がよくわかり理解できました。

・最初に,「編成方針」が書かれてあるので,2ページ目の「主な事業の紹介」は「特別会計」の後でもよいのではないかと思いました。また,その事業が,何費にあたるのか書かれていたら「歳出」に対して興味がわくのではないかと思いました。

・減少していく財政規模に対して,職員・議員の給料等がどれくらいの比率で影響しているのか,また,適正な人数・額なのか等公表していただけると興味深いです。

・財政にはとても興味がありますが,文字と数字が多すぎてもう少しスッキリ思い切って簡素化してみてもいいのでは。

・ことばが難しくてとっつきにくいように思える。

・用語が難しいので一般家庭に例えて円グラフなどをいれたらもっと興味が持てると思いました。

・難しい言葉が多い。自分の家庭を例にしてもう少し解りやすく説明して欲しい。

・「主な事業の紹介」がなされているが,「社会基盤の計画的維持」で特に,天災地変を含む「安全面」「高齢化対策」「原発関連」等について,具体的説明も掲載して欲しい。

・字が小さくて全体的にごちゃごちゃしたイメージがあります。

・民生費とか衛生費とか商工費などもこういうものに使っているという説明が欲しかった。

・すごくおもしろい「財政事情の公表」だとマスコミで話題となり,本市のイメージアップに繋げて欲しい。

 

ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

このページの担当部署
企画政策部 広報室 広聴広報グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動