トップページ >  市長の部屋 >  施政方針・メッセージ > ◎東日本大震災にかかる市長メッセージ

 

◎東日本大震災にかかる市長メッセージ 

 

    

 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生後10日を経過いたしましたが、未だ1万人を超える方々の行方が分からなくなっており、誠に心が痛む思いであります。被災されました多くの方々に心からお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

 

 

  なお、地震発生から今日に至るまで、身の危険を顧みず、懸命な災害復旧活動や救助活動に、献身的にご尽力いただいている皆様方に対しましても、心からの敬意と感謝を申し上げます。被災地の皆様方におかれましては、厳寒の中での避難生活等に、筆舌に尽くし難いご苦労があられるかと存じますが、1日も早い復興を心から念じております。

 

 

  本市としましては、緊急消防援助隊の派遣や市庁舎への義援金箱の設置、災害支援物資の搬送など、被災地の支援に全力を挙げて努めているところです。微力ではありますが、今後も引き続き、被災地への支援に全力を傾注する所存でございます。

 

 

  さて、今回の地震は、M9.0という日本における観測史上最大のものであり、この地震により、福島第一原子力発電所から放射性物質が放出されるなど、憂慮すべき深刻な事態が続いており、原子力発電所が所在している本市としては、強い衝撃を受けているところでございます。早速、九州電力株式会社に対し、川内原子力発電所1、2号機につきまして、引き続き安全確保に万全を期すよう要請いたしました。また、他の所在市町村と連携をとりながら、全国原子力発電所所在市町村協議会として、今回発生した事象について速やかな原因の徹底解明、防災体制の強化を行い、地域住民の安全安心の確保、原子力発電所の安全確保に万全を期すよう国に強く申し入れました。今回の事象の原因等について国の見解が示されると考えておりますので、時機をとらえ、市民の皆様には報告させていただきたいと考えております。

 

 

  今後も、市民の皆様の安全安心を第一に取り組んで参りますので、御理解と御協力をお願い申し上げます。

 

 

 

                                 薩摩川内市長 岩切秀雄          

 

 

このページの担当部署
総務部 秘書室 秘書グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動