トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  景観 >  景観活用 > 薩摩川内市景観整備機構による「まちあるきウォッチングin藤本」を実施しました。

薩摩川内市景観整備機構による「まちあるきウォッチングin藤本」を実施しました。

 

 

本市は平成21年3月に「社団法人鹿児島県造園建設業協会」と「社団法人鹿児島県建築士会」を

景観法第92条に規定する「景観整備機構」として指定しています。

 

 

 

景観整備機構として指定している両会が合同で「薩摩川内市景観整備機構まちあるきウォッチング

部会」を結成し,小学生を対象とした景観啓発の取り組みとして,昨年は新田神社周辺で第1回目

を実施しました。

 

 

今年は8月2日(火)に,樋脇町藤本地区コミュニティ協議会の地区内を中心とし「まちあるき

ウォッチングin藤本」を実施しました。対象は,樋脇地域の子どもたちを中心とした約40人です。

 

 

当日は晴天の中,景観の話や樹木の役割や樹木の種類の話などを藤本地区コミュニティ協議会の

長さんや整備機構の方々からお話を聞きました。

 

 

藤本地区コミ会長からの説明  藤本滝へ向かっています

陰陽五行のお話  竹のお話  

 

閉会式では,今年6月に景観学習を実施した藤本小学校のみなさんが,景観学習の時に作成した藤

本地区を紹介する標語の発表をしてくれました。

標語発表1  標語発表2   標語発表3

 

今回参加してくれた子どもたちは,「ジュニア景観マスター」として認定され,認定証を与えられ

ました。

ジュニア景観マスター授与1  ジュニア景観授与2

 

 

集合写真

 

 

関連情報
このページの担当部署
建設部 都市計画課 景観グループ
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-8389
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動