トップページ >  市政情報 >  広聴広報 >  市政モニター >  市政モニターアンケート結果 >  平成23年度 > 平成23年度第1回市政モニターアンケート調査(薩摩川内市木造住宅耐震診断及び木造住宅改修工事に関する補助制度について)集計結果

平成23年度第1回市政モニターアンケート調査(薩摩川内市木造住宅耐震診断及び木造住宅改修工事に関する補助制度について)集計結果

問1 本市の木造住宅耐震診断及び木造住宅耐震改修工事に係る補助金について,広報紙や市ホームページ等で見たことがありますか。(複数回答可) 回答数
1 広報紙で見たことがある 33
2 市ホームページで見たことがある 8
3 見たことがない 36
4 その他 2
その他意見
自分に関係ないので詳しくは見ない
聞いた事があります
問2 お住まいの家は次のどちらに該当しますか。 回答数
1 木造一戸建住宅(自己所有) 57
2 木造一戸建住宅(借家) 5
3 木造以外の一戸建て住宅
  (自己所有及び借家)
7
4 民間の共同住宅(長屋・マンションなど) 0
5 その他 6
その他意見
軽量鉄骨・市営住宅(4件)・県営住宅
問3 問2で「1 木造一戸建住宅(自己所有)」,「2 木造一戸建住宅(借家)」と回答した方にお尋ねします。お住まいの家の構造は次のどちらに該当しますか。 回答数
1 木造
  (在来工法:柱と梁を使用した一般的な工法)
58
2 木造
  (在来工法以外:壁式構造等の柱を使用して
   いない工法)
1
3 わからない 3
4 その他 0
その他意見
耐震パネル使用した工法
問4
お住まいの家の階数は次のどちらに該当しますか。
回答数
1 1階か2階 62
2 3階以上 0
問5 お住まいの家の延べ床面積は次のどちらに該当しますか。 回答数
1 500平方メートル以下(約151坪以下) 59
2 500平方メートル超(約151坪超) 2
問6
お住まいの家が建てられた時期はいつ頃ですか。
回答数
1 昭和56年(1981年)5月以前 25
2 昭和56年
  (1981年)5月~平成12年(2000年)
26
3 平成13年(2001年)以降 10
4 わからない 0
5 その他 0
その他意見
明治中期
問7 平成9年3月と5月の鹿児島県北西部地震で家に被害を受けられましたか。 回答数
1 瓦に損傷がでた(落ちる・ずれる等) 9
2 壁・土間・基礎等にヒビがはいった 23
3 柱や家が傾いた 3
4 地盤沈下した 1
5 その他 25
その他意見
前の家は風呂のタイル10枚位ひび割れ。
外の門や瓦等がずれました
浴室のタイルにひびが入った
らん小屋は被害を受けた。
被害なし(15件)
問8
お住まいの家の耐震性能に不安を抱きますか。
回答数
1 かなり不安である 9
2 少し不安である 40
3 全く気にならない 23
4 その他 3
問9 問8で「1 かなり不安である」,「2 少し不安である」と回答した方にお尋ねします。具体的にお住まいの家のどの部分に不安を感じますか。(複数回答可) 回答数
1 家が傾いている 5
2 柱が細くひび割れ等がある 6
3 壁が土壁等の古い壁である 1
4 筋かいが細い(筋かい:柱と柱の間に斜めに
  入れて補強する部材。)
12
5 基礎が束石や玉石等の古い基礎である 11
6 地盤沈下している 4
7 その他 18
その他意見
耐震ボード使用。壁等のひび割れ等
材木等は問題無い。大地震に耐えられるか不安
軽量鉄骨で耐震性はあると説明を受けている
構造部材の強度が十分かどうか
地震の大きさが大きいと不安
築30年近いことです
耐震性能が不明である
室内,ボード等のひび割れ
ベランダの壁にひびが入っている
築後まもなくH9年の地震にあい壁に少々ひびが入ったので耐震診断を受けてみないと安心できない
筋交の状況がわからない
以前沼地だったと言われる
築年数
耐震性能がないと思う
年数が経ってないのに建具や階段に問題がある
道路を隔てて川があるし鉄筋といえども不安
地盤にあちこちひびが入っている
かなり古い借家の為,不可視部の劣化が心配
問10 木造住宅耐震診断及び木造住宅耐震改修工事があることをご存知でしたか。 回答数
1 知っていた 46
2 知らなかった 29
問11 お住まいの家の耐震診断についてお伺い致します。 回答数
(1)実施状況について
1 耐震診断を受けたことがある 2
2 耐震診断を受ける予定がある 0
3 耐震診断を受けたことがない 36
4 耐震診断を今後,受けてみたい 17
5 耐震診断を受ける必要はない
  (現行基準を満たしている)
5
6 耐震診断を受けるつもりはない 9
7 その他 6
その他意見
建設会社に少し見てもらいました。
受けたかわからない
古くないので大丈夫だと思っている。
満たしているのかどうかよくわからない。
建設会社に耐震診断と耐久性を検討してもらった
不動産を介さないと不明。個人的に受けてみたい
問11 お住まいの家の耐震診断についてお伺い致します。 回答数
(2)どの程度の費用なら受けてみたいですか。また,受けたことがある方は,費用はいくらくらいでしたか。
1 5万円以下 37
2 10万円以下 10
3 15万円以下 0
4 (    )万円以下 8
5 その他 10
その他
1万円以下(6件)
2万円以下(3件)
甑島は震度4以上の地震は過去に記録がない
年齢を考慮してこのまま
無料
建設費込み
問11 お住まいの家の耐震診断についてお伺い致します。 回答数
(3)危険と判断された場合,どうしたいと思いますか。
1 耐震改修工事をしたい 16
2 建替えを考える 3
3 特に何もしない 1
4 金額により方法を考える 43
5 その他 8
その他意見
工事代金を考慮し判断する
危険箇所により考える
転居する
家主次第
叔母所有なので相談します
不動産に委ねる
問12 お住まいの家の耐震改修工事についてお伺い致します。 回答数
(1)実施状況について
1 耐震改修工事を行った 2
2 耐震改修工事を行っていない 27
3 耐震改修工事を行う予定である 0
4 耐震改修工事を行う予定はない 24
5 耐震改修工事を今後,行いたい 3
6 耐震診断の結果,耐震改修工事の必要性がな
  かった
1
7 耐震改修工事の必要性がない
  (現行基準を満たしている)
6
8 その他 8
その他意見
診断の結果で検討する。
どの程度の耐震性能があるか不明確
賃貸のため経緯は不明
診断を受けたことがない
不動産に委ねる。
問12 お住まいの家の耐震改修工事についてお伺い致します。 回答数
(2)どの程度の費用なら行ってみたいですか。また,既に耐震改修工事を行った方は,費用はいくらくらいでしたか。
1 30万円以下 19
2 50万円以下 10
3 100万円以下 4
4 (    )万円以下 3
5 その他 20
その他意見
10万円以下(2件)
5万円以下
一般的な相場に合わせたい
改修工事内容により検討する(2件)
自宅は震度5強には充分耐えられると思っている
耐震診断を受けてから考えてみたい(3件)
耐震の効果度合との比較
リニューアル費を含め1,500万円くらい
問13 木造住宅の耐震診断及び耐震改修工事に対して,市から補助金を受けられるのを知っていますか。 回答数
(1)木造住宅の耐震診断に対する補助制度
1 知っている 25
2 知らない 50
問13 木造住宅の耐震診断及び耐震改修工事に対して,市から補助金を受けられるのを知っていますか。 回答数
(2)木造住宅の耐震改修工事に対する補助制度
1 知っている 25
2 知らない 50
問14 お住まいの家に対する地震対策としてお知りになりたいことはございませんか。(複数回答可) 回答数
1 耐震診断とはなにか 27
2 耐震改修工事とはなにか 22
3 耐震診断の費用の目安 32
4 耐震改修工事の費用の目安 36
5 耐震診断補助制度の内容 43
6 耐震改修工事補助制度の内容 31
7 その他 5
その他意見
築相当年数の古民家ですが柱が太く地震が生じた時も横揺れなども少ないです
問15 木造住宅耐震診断および木造住宅耐震改修工事についてご意見やご感想がありましたら,ご自由にお書きください。
耐震診断とあるが,国土交通省及び薩摩川内市のホームページより検索しても具体的に見えてこない。又,対策としても色々とあるでしょうが,どの程度の対策かもわからない。教えてください。
数年前の北薩地震の後は,家具(食器棚)に転倒防止を行い対策をしておりますが,今回の東北地震の様な時には,どの様な事になるのか不安です。耐震改修工事もどこまですれば安全なのか,難しい問題だと思います。
今回のアンケートで始めて木造住宅耐震診断と木造住宅耐震改修工事の補助制度がある事を知りました。市の広報紙なども毎月読んではいますが,気づきませんでした。3月の東日本大震災の事もあるので,気にしている人は前よりも多いと思いますので,年配の人たちにも気づく様に文字の色を目立つ色に変えたりしたらいいのではないでしょうか。
工事をしても,地震の大きさで無意味になる可能性があります。そうなると,保険に頼らなければならないが,実際,保険金額は高いし,保障も被害の○割程度と低いです。むしろこちらの方の調査等が意義があるのではないかと思います。
木造住宅以外の住宅に対する対応について。
補助額が低い
東日本大震災があり少し不安です。広報紙にゆっくり目を通してみたいと思います。
私もそうですが,昔の田舎の家は耐震性も何もないです。しかし,高齢者にしてみれば,補助金があるとはいえ経済的に改修工事に踏み切るのは難しいと思う。
以前,建築会で武家屋敷の建造物の検証会が実施されたが,結論が出なかった。古民家はほとんど壁がない。しかしH9年の地震ではほとんど影響がなかった。
公文で再度お知らせ等されたらもっと広く認識されるのではないでしょうか。
とりあえず木造住宅耐震診断は受けてみたい。
築年数の古い家でも診断・改修工事が出来るのでしょうか?
築100年を経た家で増改築を行い現在まできている。平成9年の北西部地震でも顕著な影響は受けず,構造的にそれなりに対応できているものと思います。現行基準での諸補助事業の対象にはなりそうにありません。
生活様式の都会化から住宅の改築・改造している家がほとんどであります。家屋の耐震強度がどの程度あるのか解っている人はいません。今回のアンケート調査によりある程度の目安を示していただけないのか。
耐震診断を受けるため住民自らチェックできる簡単なマニュアルをし示すことで住民の意識の向上を図ることができると思う。
耐震診断が今後,薩摩川内市で発生する可能性のあるどの程度の大地震を想定しているのか知りたい。また活断層の状況等も知りたいと思います。
甑島で台風用に大きな床材や柱を使用し,昭和26年に建築した。台風によって瓦が破損した程度で地震には強いと思う。
耐震改修工事を文書だけでは良くわからない図面等でどこをどう補強工事するのか知りたい。
周知方法として地区コミの新聞を利用したら?チラシを地区コミュニティセンターに置いたら?広報誌に実際に補助制度を利用した人の喜びの談話を載せたら?
毎月の広報紙で早くから案内してほしいものです。
所在不明の業者からのセールス電話等があるため,市が指定する耐震診断業者等の一覧表を提示して頂ければ,安心して検査等が受けられると思います。
木造住宅耐震診断および木造住宅耐震改修工事の補助金について知らない方が多いように感じます。何人かの人に聞いてみましたが知らない人がほとんどでした。
県道沿いに実家があり、県道から15m離れた所に自宅があります。朝夕は,車(タクシー・大型バス・トラック等)の往来が激しく,自宅で振動を感じる時もある。また,特に高速道路工事中のダンプやトラックの振動は家が音を立てて揺れることも多々あります。速度を出していないとの事らしいですが,時期的に往来が激しくなる時は,振動の影響で自宅の基礎部分が心配です。
身近な問題として捉えていません。しかし,いずれ考えなければならないと思います。その時この補助の事を知っていたら助かるのでこれからも広報紙で紹介してください。私はインターネットをしていませんので必要な情報は広報紙が頼りです。
木造住宅耐震診断および木造住宅耐震改修工事に係る補助金について広報紙に載っている事があると初めて知ったのですがとても大切なのでもっとアピールしていくべきだと思います。
東北地震で地震の恐ろしさを思い知らされた。自宅の耐震性能について,どの程度の耐震性があるかを把握し,著しく劣るのであれば早急にその対策を講じたい。行政の補助等が活用できるのであれば早急に活用したい。なお,耐震診断の手続きやその他費用等について情報収集に努めるが,私以外にも同様な市民の方もおられると思うので,より一層の広報もお願いしたい。
改修工事は古い家ほど高額の費用がかかると思うのですが,生活に余裕があればすでに改築等を行っている。しかし,補助が出ても負担の方が多くなり地震倒壊の危険があっても工事にふみきれないのではないでしょうか。
築28年になります。地震の際に家の中の物が,何一つ落下してこなかったです。将来はこの様な耐震診断・改修工事等を大いに活用したいと思います。
なんとなく広報誌で見た程度。細かい情報は覚えていません。広く募集を行っていたなんて知りませんでした。
鉄筋については大丈夫なのか
木造住宅耐震は全く知りませんでした。鹿・北西部地震のときは,東日本大震災に比べたら被害は小さくて済みましたが,いつ大地震が起こるかわかりません。これからの住宅については耐震強度はあると思うのですが,木造住宅については考えなければいけないと思います。木造住宅に居住している人は高齢者が多いと思います。高額な費用等を考えて耐震診断等を活用できない高齢者も多いと思います。それが今後の課題です。
耐震に対して補助金があるのは全然知らなかったです。これは東北のことがあったからするのですか?今までにこの補助事業をされた方がいらっしゃるのですか?この補助金を受けるのにどういう審査基準をもうけているんですか?
家の診断を口実に訪問してくる詐欺があるので知らないところには頼みたくない。市内でも大手ハウスメーカー等の信用できる業者の案内とかあればいいのにと思う。
参考にする資料があったら見せて欲しいです。(コピーでも頂けると)
昭和55年初めの建築であり耐震構造には気になっている。
自然災害や天変地異を想定した時,木造住宅耐震診断及び木造住宅耐震改修工事はぜひ行っていたほうがよいと思います。今回市から補助金が出るのを知り,不安がある方々の手助けになりいい制度だと思いました。
御協力ありがとうございました。 
このページの担当部署
企画政策部 広報室 広聴広報グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動