トップページ >  市政情報 >  市政改革(行財政改革) >  組織・機構の見直し > ■組織・機構の見直し(平成23年10月)

■平成23年10月から,一部組織の変更を行いました

 

 平成23年10月から以下のとおり,組織の一部が変わりました。


1 新エネルギー対策監・新エネルギー対策課の新設
  新たな産業の創設や地域活性化につなげ,再生可能エネルギーの先進地として「エネルギーのまち」として,新エネルギービジョンを策定し新エネルギー対策を総合的に推進するため、「新エネルギー対策監」「新エネルギー対策課」を新設しました。

 

2 新エネルギー対策プロジェクトチームの設置
 地球温暖化対策,エネルギーセキュリティの向上,更には地域活性化の観点から新エネルギーが注目されています。国においても「再生可能エネルギー固定価格買取制度」の導入やエネルギー基本計画をはじめとするエネルギー政策の見直しが予定されるなど,今後の新エネルギー関連産業の裾野は拡大することが予想されています。そのような中,本市では,原子力や火力発電所といった基幹エネルギーの供給基地として九州経済を支えている一方,豊かな森林や豊富な水量等,活用可能な新エネルギー資源に恵まれています。
 このことから,基幹エネルギーと新エネルギーの特性を活かしたまちづくりに取り組み,新エネルギーの普及と導入施策の基本的な方向性を定め,新エネルギーの活用を促進する事業等を積極的に推進するため,新エネルギー対策監をリータ゛ーに,関係課長8人で新エネルギー対策プロジェクトチームを設置しました。

 

 

 

● 市の組織・機構図については,次のダウンロードをご覧ください。

ダウンロード

 

このページの担当部署
企画政策部 行政改革推進課 行政改革グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動