トップページ >  市長の部屋 >  施政方針・メッセージ > ■岩切秀雄市長 施政の概要等/平成24年第1回市議会定例会(3月開催)
トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  施政方針・施政の概要 > ■岩切秀雄市長 施政の概要等/平成24年第1回市議会定例会(3月開催)

■岩切秀雄市長 施政の概要等/平成24年第1回市議会定例会(3月開催)

 

■平成24年 第1回薩摩川内市議会定例会(3月)における施政方針演説について
※「施政方針」「施政等の概要」とは、市長が、どのような考えや方針で、市政を進めていくかを明らかにするものです。具体的には、重要施策の進め方や予算について、市を取り巻く諸情勢を踏まえながら、通常、1年間に4回開会される市議会の冒頭で、市長が表明演説を行います。なお、本文書は演説原稿であり、当日の筆記録ではありませんので、演説の内容とは若干の相違点がある場合があります。御了承ください。市議会の会議録は、後日、市議会ホームページでご覧になれます。

 

 

 

 

●平成24年2月23日開会の平成24年第1回市議会定例会で、岩切秀雄市長が述べた「施政方針と予算の概要」について紹介します。

 


 

1  はじめに         

 

 

 平成24年第1回市議会定例会に当たり,市政の状況並びに施策に関する所信の一端を申し上げますとともに,提案いたしました平成24年度当初予算案等の概要を御説明し,議員各位並びに市民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 


 昨年発生しました東日本大震災から,間もなく1年を迎えます。私は先月,本市消防団の幹部と共に,被災地を訪問いたしました。津波によって建物が全て流されてしまった地域,山積みにされた車両や瓦礫など,いまだ残る震災の傷跡を目の当たりにし,本当に心が痛みました。
 

 

 被災された福島県と宮城県の4自治体を視察し,市長・町長を始め,防災関係者や消防団の方々から賜りました貴重な情報は,今後の本市の防災対策に活用させていただく所存であります。また,併せて,本市の元気を震災復興につなげるために,本市の新たな活力の創造に向け,全力で取り組んで参らなければならないと感じているところであります。

 


 さて,鳩山内閣,菅内閣,野田内閣において2年5カ月間,経済産業副大臣を務めてこられた地元選出の松下忠洋衆議院議員が,このたび,復興副大臣兼内閣府副大臣に任命されました。今後も,被災地復興に全力で取り組まれながら国の発展に御尽力いただき,併せて,地元へのこれまでと変わらぬ厚い御支援を賜りたいと存じます。

 


 次に,本市をめぐる最近の動きであります。

 


 まず,新年に入り,消防出初式と成人式が盛大に実施され,元気に1年がスタートいたしました。

 


 その後,1月23日から昨日までの間に,3社の企業と新設・増設・移転に係る立地協定を締結し,新たに39名の雇用が見込まれております。今後も,本市の活力を生み出す新たな企業の誘致に力を注いで参ります。

 


 また,今月3日には,佐賀県武雄市との連携により,フェイスブックを活用した特産品販売を行うことについて同意いたしました。今後,早期に本市のフェイスブックページを開設し,更なる特産品等の戦略的ピーアールに努めて参ります。さらに,本市の観光大使であります塩田浩一日刊スポーツ新聞社営業センター長のお取り計らいにより,甑島をテーマにした薩摩川内市ふるさと応援ソング「島立ちの春」が,このほど完成し全国発売の運びとなりました。来月13日には,里港において,歌の完成を記念した歌碑の除幕式が挙行される予定であります。

 


 ところで,読売巨人軍に移籍されました杉内俊哉選手など8名のプロ野球選手の自主トレが,今年も本市で行われ,昨年を超える多くの野球ファンの眼差しが選手たちに注がれました。また,今月に入り,9年連続となる千葉ロッテマリーンズのファーム春季キャンプも実施され,本日は新しいスコアボードのこけら落としも兼ねてオープン戦が予定されております。昨年末には,民間による薩摩川内後援会も設立されたことから,千葉ロッテマリーンズには是非,今シーズンの活躍を期待するものであります。
 

 

 次に,川内原子力発電所につきましては,現在,原子力安全・保安院において,安全評価,いわゆるストレステストの審査が行われております。この審査結果及び4大臣の判断,国による市民への説明を経た後,議員の皆様方の御意見をお聴きしながら,安全確保を大前提に,再稼働について判断したいと考えております。
 

 

 原子力防災計画につきましては,昨年末,県が原子力災害対策暫定計画を策定,公表したところであり,本市におきましても20キロメートル圏内の広域避難計画など,市の暫定計画の3月末策定に向け,作業を進めているところであります。また,東日本大震災の津波災害を教訓に,市民の避難行動につなげていただくため,海抜のほか,海岸や原子力発電所からの距離などを表示した看板を,今月末までに公共設,指定避難所及び電柱等324箇所に設置いたします。さらに,現在作成中であります「津波ハザードマップ」と「防災マップ」も,梅雨時期までには各世帯に配布し,市民の防災意識を高めて参りたいと考えております。

 

 

2  施策の概要

         

 第180回通常国会の施政方針演説において,野田首相は,「大震災からの復旧・復興」,「原発事故との戦い」,「日本経済の再生」の3つの優先課題に全力を挙げて取り組むこと,また,化石燃料が高騰する中で,足元の電力需給のひっ迫を回避しながら,温室効果ガスの排出を削減し,中長期的に原子力への依存度を最大限に低減させるという極めて複雑な方程式を解いていかねばならないと述べておられます。原子力発電所及び火力発電所が立地し,更に新エネルギーの活用を目指す本市では,今年の夏を目途に国がまとめる,中長期的なエネルギー戦略の動向をしっかりと見極める必要があります。

 


 このような状況の中,向こう3カ年についての「政策展開に関する戦略方針」に基づき,平成24年度予算案を編成いたしました。重点項目は,「ゴールド集落支援」,「子育て支援」,「環境・エネルギー対策」,「社会基盤」,「シティセールス」及び「安定した産業」の6つであります。

 


 「ゴールド集落支援」につきましては,ゴールド集落活性化条例に基づき,定住促進や集落活性化,鳥獣被害防止などの支援を継続するとともに,新たに買物不便地域を支援するモデル事業を実施しながら,市民が自信と誇りを持ち,安心して生活できる地域づくりを推進して参ります。

                                                                   


 「子育て支援」につきましては,中学校修了までの医療費無料化,中学1年生から高校1年生までの女性を対象とした子宮頸がんワクチン接種,0歳から4歳児までを対象にした小児用肺炎球菌ワクチン接種及びヒブワクチン接種の全額助成を継続いたします。また,下甑地区においては初めてとなる保育所の整備を図って参ります。

 


 「環境・エネルギー対策」につきましては,新エネルギー導入に向けたビジョン及び行動計画を策定し,地域一体となった新エネルギー導入に向けた取組を進め,最終的には,産業や雇用の創出を目指します。また,風力発電事業を推進するための林道整備のほか,住宅用太陽光発電設備等への補助による地球にやさしい環境づくりへの取組を進めて参ります。

 


 「社会基盤」につきましては,道路整備に関しまして,南九州西回り自動車道における高江・水引間の平成24年度供用開始に向け,着実に整備が進められております。河川整備に関しましては,川内川の大小路地区における市街部改修事業及び向田地区かわまちづくり事業と共に,これらと一体となった都市計画道路及び公園の整備を図って参ります。海上交通整備に関しましては,川内甑島航路開設に伴う新高速船の建造に着手するとともに,川内港待合所の整備を図って参ります。また,住宅環境整備に関しましては,既存住宅の改修を支援し,耐震化の促進及び住宅関連産業の活性化を図りながら,市民の安全安心な住まいづくりを推進いたします。
 

 

 さらに,消防庁舎建設事業の着手,防災行政無線デジタル化整備事業を進め,消防・防災対策の充実した安全なまちづくりを推進して参ります。
 

 

 また,総合評価落札方式及びDBO方式(※1)を採用し,事業の透明性の向上及び事業費削減を図りながら整備を進めて参りました汚泥再生処理センターが,4月1日に稼働いたします。これに伴い,市町村合併時の課題でありました入来・祁答院地域における浄化槽汚泥及びし尿処理が本市で開始されることになります。

 


 「シティセールス」につきましては,本年度末での観光交流部の廃止に併せて,観光協会の組織の充実強化等により,行政主導から民間主体の体制への転換を推進いたします。また,国内線の旅客機を活用した情報発信や,大手百貨店における特別販売等を積極的に展開するとともに,甑島の豊かな自然を活用したアクアスロン(※2)大会を開催するなど,「薩摩川内ブランド」の更なる浸透・定着を図ります。さらに,本市観光産業の自立的かつ持続的な発展を目指して,人材育成や雇用創出等の取組を進めて参ります。

 


 「安定した産業」につきましては,生産者及び加工業者との連携により特産品開発等を行う商工団体を支援する農商工連携支援事業を新たに創設するとともに,生産・加工・販売の一体化による付加価値を創出する6次産業化を推進し,地域資源の活用と雇用・所得の拡大を図って参ります。また,引き続き,運転資金利子補助等による中小企業支援,産地農業後継者支援事業等による新規就農者・農業後継者の確保に努めて参ります。

 


 小・中学校教育につきましては,市内全中学校区で実施しております小中一貫教育の成果を踏まえ,「ふるさと教育」を更に充実させるとともに,平成22年12月に策定いたしました「薩摩川内市立小・中学校の再編等に関する基本方針」に基づき,保護者や地域住民の御理解と御協力を賜りながら学校再編を進め,よりよい学校教育環境づくりに努めて参ります。また,児童生徒の安全確保のため,小中学校施設の耐震化を着実に進めて参ります。

 


 行政組織の見直しにつきましては,当面平成25年4月に,本庁・2支所・6市民サービスセンターに再編することを目標とした組織機構再編方針の策定に向けて,今月上旬から支所管内の地区コミュニティ協議会単位で住民説明会を実施しております。今後,市民の御意見等を参考にしながら検討を加えて組織機構再編方針を決定し,市民が安心して暮らせるよう市民サービスの維持を基本に,見直しを進めて参る所存であります。

 

 

3  予算の大綱  

       

 議会におかれては,薩摩川内市議会議員定数を本年の改選より,現在の34名から26名に見直されました。議員各位の議会改革に対する真摯な取組に心から敬意を表するとともに,行財政改革の範となるものと高く評価いたしております。

 


 現在,本市におきましては,国・県の行財政運営の動きを注視しつつ,安定的かつ持続的な財政運営の実現を図るため,市債残高の抑制と財政調整基金など財源対策に用いる基金の確保・堅持に努めるなど,財政健全化と施策展開の両立を目指しております。

 


 これまで以上に徹底した経費の削減や制度の見直しを行い,必要な施策分野の財源確保に努めることを基本姿勢とし,本市の喫緊の課題である人口の減少や少子高齢化,地域産業の低迷などを踏まえて,先に述べました6項目を政策重点項目に掲げ,その計画的な展開を図るべく予算を編成し,「新たな活力の創出チャレンジ予算」としたところであります。

 


 これらの結果,一般会計当初予算の規模は前年度当初予算に比べ,2.2パーセント減の502億9千万円,簡易水道など13の特別会計の合計で278億6115万円となったほか,2件の公営企業会計予算を提案しております。
 

 

 また,今後の行財政運営に関しましては,施策面において喫緊の課題である地域成長戦略の展開,社会保障関連経費の上昇,計画的な社会基盤整備,公共施設等の維持経費の増大などに対応しなければならない中,財源面においては平成27年度から普通交付税の市町村合併措置が段階的に縮減されることになっております。これらに対応するためには,施策展開の方向性,歳出削減策及び財源充当の重点化・シフト化を一体的に展開する必要があると考えており,本年度中にこれらの行財政運営の方向性を示し,具体的な作業を設定できるものから順次着手していく方針であります。

 


 なお,本年度においても,本格的な年間予算として編成したところでありますが,特定離島ふるさとおこし推進事業など採択状況を見極める必要のあるものについては,6月期の補正予算として上程する方針でありますので,御理解をお願いいたします。

 

 

4  むすび 

        

 今議会におきましては,薩摩川内市の組織及びその任務に関する条例の一部を改正する条例案を始め,各議案の御審議をお願いしております。

 


 提案いたしました各議案等の細部につきましては,主管部局・課長等から説明させますので,何とぞ慎重なる御審議を賜りますようお願い申し上げます。

 


 最後に,いよいよ今年は,私にとりましても,議員の皆様にとりましても,任期4年の集大成,最後の年であります。市長就任時にマニフェストに掲げた施策の全ての達成を目指し,市民に負託された残りの任期を,全力で市政運営に邁進して参ります。議員各位並びに市民の皆様のより一層の御指導・御鞭撻を賜りますようお願い申し上げ,私の施政方針といたします。
 

 

 

※1 DBO方式・・・施設の設計・建設から施設の維持管理及び運営を一括して契約する方式。

 

※2 アクアスロン・・・水泳とマラソンの2種目を行い、その合計タイムで順位を決める競技。

 

 

このページの担当部署
総務部 秘書室 秘書グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動