トップページ >  暮らしの情報 >  楽しむ >  文化・芸術・その他 >  文化財 > 入来麓武家屋敷群保存地区の重要文化財「旧増田家住宅」について
トップページ >  教育委員会 >  文化・芸術 >  薩摩川内市の文化財 > 入来麓武家屋敷群保存地区の重要文化財「旧増田家住宅」について

重要文化財「旧増田家住宅」について

 入来麓武家屋敷群保存地区にある「旧増田家住宅」は、平成22年度から保存整備事業を実施し、平成25年度より一般公開しています。また、平成26年12月に重要文化財に指定されています。

 

 旧増田家住宅は、母屋、石蔵、浴室便所、洗い場が一体となって保存されています。

屋敷入口には、明治6年の石敢当があり、母屋はその頃までに建築されたと考えられています。

 今回、修理前の痕跡調査で、母屋の桁から茅葺であったことを示すサス穴の痕跡が確認され

たことから、茅葺に復原しました。

 また、石蔵は、1階の基礎柱から「大正7年4月竣工」の銘を確認することができます。

 今回の修理では、母屋が茅葺であり、敷地内にすべての建物が揃うこととなる、大正7年から

大正12年を復原整備年代としています。

 

旧増田家住宅

・開館時間:午前9時から午後5時まで(ただし、入館は午後4時30分)

・休館日:月曜日(ただし、月曜日が休日の場合は火曜日)

      12月29日から翌年1月3日まで

・入館料:無料

※見学される場合は入来支所道路向かいの駐車場をご利用いただき、清色城跡や入来麓と一体となった景観も一緒にお楽しみください。

1
このページの担当部署
教育委員会教育部 文化課 文化財グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-25-0776
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動