トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  景観 >  景観活用 > 薩摩川内市景観整備機構による「まちあるきウォッチングin黒木」 を開催しました。

薩摩川内市景観整備機構による「まちあるきウォッチングin黒木」
を開催しました。

薩摩川内市景観整備機構による「まちあるきウォッチングin黒木」

を開催しました。

 

 

本市は平成21年3月に「社団法人鹿児島県造園建設業協会」と「社団法人鹿児島県建築士会」を

景観法第92条に規定する「景観整備機構」として指定しています。

 

 

 

景観整備機構として指定している両会が合同で「薩摩川内市景観整備機構まちあるきウォッチング

部会」を結成し、小学生を対象とした景観啓発の取り組みとして毎年まちあるきウォッチングを開

催していますが、4回目となる今年は8月22日(木)に祁答院町黒木地区において実施しました。

 

 

行程は「木場の棚田(景観重要資産)」→「矢立農村公園」→「永江の滝・鈴連滝」→「黒木地区のまちなみ」→「石蔵」を見学しました。

 

 

当日は、黒木地区コミュニティ協議会のご協力により、各施設での説明をしていただきました。

今回のまちあるきウォッチングは、棚田や滝、公園内の樹木など多くの自然景観に触れることのできるものでした。

 

 

 ※景観重要資産とは、薩摩川内市ふるさと景観計画において規定されているもので「各地区のシンボルやイ

メージとなっていて、周辺住民に愛され親しまれている景観資源」のことです。

黒木コミ協会長歓迎あいさつ  木場の棚田

石蔵  景観ジュニアマスター認定証授与

永江の滝

  

 

このページの担当部署
建設部 都市計画課 景観グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動