トップページ >  消防・緊急・防災 >  防災情報 > 特別警報の運用について
トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  防災・防犯・安全・安心 > 特別警報の運用について
トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  防災・防犯・安全・安心 >  安全・安心 > 特別警報の運用について

特別警報の運用について

平成25年8月30日から特別警報の運用が始まっています。

~ 特別警報とは ~

 警報の基準を大きく超える現象が予想され、重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときに、気象庁が発表するものです。

 「東日本大震災」における津波や昨年7月の「九州北部豪雨」、今年7月に山口県や島根県を襲った豪雨などが発表の対象となります。

 特別警報が発表される主な事例として、鹿児島県では、昭和20年の「枕崎台風」級の台風や、平成5年に発生した「8.6水害」級の豪雨などが挙げられ、本市においては「平成18年7月豪雨(ナナフミ水害)」が対象となります。

 

~ 特別警報の伝達方法 ~

 テレビやラジオ、パソコン、携帯電話へのメール(対応機種のみ)、防災行政無線、車両による広報など、様々な方法で市民の皆様に伝達されます。

 

~ 特別警報が発表されたら ~

 「身を守るために最善を尽くしてください」

 経験したことにないような激しい豪雨や暴風など異常な気象現象が起きそうな状況です。周囲の状況や市が発表する避難勧告等の情報に留意し、早めに安全な場所に避難するなど、ただちに命を守る行動をとりましょう。

 

※特別警報の詳細は、気象庁のホームページでご確認ください。

※「災害から身を守ろう」気象庁(防災啓発コンテンツをまとめたポータルサイト)

このページの担当部署
総務部 防災安全課 防災グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-2403
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動