トップページ >  事業者向け情報 >  産業の振興 >  六次産業化 > 薩摩川内市六次産業化基本計画の策定について

薩摩川内市六次産業化基本計画の策定について

【策定趣旨】
  我が国では、近年、農林漁業の持続的かつ健全な発展を図る観点から、六次産業化に対する関心の高まりが見られます。 
   本市では、市の重要な産業である農林漁業の振興及び農林漁業経営の改善を図るため、平成25年7月に「薩摩川内市農林漁業の六次産業化の促進に関する条例」を制定しました。本市の状況や国の動向等を踏まえながら、同条例に基づき、農林漁業の六次産業化の促進に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図ることを目的として、本計画を策定しました。

【六次産業化とは】
 地域資源を有効に活用し、農林漁業者がこれまでの原材料供給者としてだけでなく、自ら加工(第二次産業)、販売(第三次産業)に取り組み、経営の多角化を進めることで、農林漁業の雇用確保や所得の向上を目指すことです。
(1次産業×2次産業×3次産業=6次産業化)

【計画期間】
 平成26年度から30年度の5ヵ年間

ダウンロード
このページの担当部署
農政課(4月からは、六次産業対策課に業務が移ります。)
電話番号:0996-23-5111 内線4451 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動