トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  景観 >  景観活用 > 朝陽小学校で景観学習を実施しました。

朝陽小学校で景観学習を実施しました。

朝陽小学校で景観学習を実施しました。

 平成27年1月28日(水)に朝陽小学校5、6年生を対象に景観学習を実施しました。

 入来町の朝陽地区には、緑豊かな自然に囲まれた田園風景が広がる美しい景観が残されています。

 また、地区内には景観重要資産第7号に指定された『朝陽轟滝』があり、地区のシンボルとして大切にされ、地区民により保全活動がなされています。 

                  ちょうようとどろのたき

 景観学習では、まず「薩摩川内景観かるた」を利用して市内の景観について学んだあと、「薩摩川内市ふるさと景観計画」について学習し、朝陽地区のいろんな景観について「場所あてクイズ」をしました。
 最後に、朝陽の魅力を紹介するための「朝陽地区の景観標語」ポスターを作成しました。

 子供たちの、地区の景観を大切に思い、「守りたい」「伝えたい」という気持ちがとても伝わってきました。 この景観標語ポスターは、2月8日に開催される朝陽地区文化祭で展示されますのでぜひご覧ください。

 

けいかんかるた1   けいかんかるた2
 「景観かるた」・・・市内の魅力ある景観を楽しみながら学習しました。
 

けいかんがくしゅう 
 「場所あてクイズ等」・・・景観の大切さについて学びました。

ひょうごさくせい1   ひょうごさくせい2
 「景観標語」・・・朝陽地区の魅力を伝えるために頑張って考えました。

ひょうごはっぴょう1   ひょうごはっぴょう2
 「景観標語」の発表です。

 

このページの担当部署
建設部 都市計画課 景観グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動