トップページ >  暮らしの情報 >  楽しむ >  文化・芸術・その他 > 「甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落」の国天然記念物の指定告示について
トップページ >  暮らしの情報 >  楽しむ >  文化・芸術・その他 >  文化財 > 「甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落」の国天然記念物の指定告示について

「甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落」は、平成27年3月10日(火)、文部科学省告示第40号により国天然記念物に指定されました。

 

参 考

指定等の対象の所在地  薩摩川内市里町里字牛瀬3026番(外3筆)
            上甑町瀬上字大浦30番(外10筆)
指定面積          1,078,042.52平方メートル(15筆等) 
                                    市有地14筆等、国有地1筆


 長目の浜は、2代薩摩藩主島津光久が「眺めの浜」と呼んだことが由来とされ、上甑島北部で北から南東方向に伸びる、長さ4km、幅40~100mの砂州が発達してできた浜である。上甑島北部にはこの砂州により形成された潟湖群(海跡湖群)が分布している。指定対象は、長目の浜と、北から続く海鼠池、貝池、鍬崎池の3湖沼、砂州上の植物群落である。
砂州上では季節風の影響を受け、北西部から風衝草原、風衝低木林、低木林と変化している。また、砂州上に堆積している砂礫の大きさが北側から南東に向かって小さくなり、海水の透水性の違いで海鼠池、貝池、鍬崎池の順に塩分濃度が低下し、植生もそれに対応して変化している。海鼠池は干満差や塩分濃度が高く、汀線際にはハマボウ群落を含む汽水域植生、その背後の砂州上には、ウバメガシ群落等の風衝低木群落が発達する。貝池では泥湿地植生、風衝低木林等が発達している。湖内には嫌気性光合成細菌であるクロマチウムが生育し注目されている。鍬崎池は干満差がなく、塩分濃度も低く、抽水植物群落、湿性地植生が発達し、希少なハマナツメ群落等の低木林も成立している。このような砂州上に発達した植物群落は全国的にも少なく、性質の異なった3つの潟湖群とともに学術上貴重である。
 

長目の浜
このページの担当部署
教育委員会教育部 文化課 文化財グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-25-0776
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動