トップページ >  市長の部屋 >  施政方針・メッセージ > ■岩切秀雄市長 冒頭挨拶/平成27年 第4回市議会臨時会(9月開催)
トップページ >  市政情報 >  政策総合 >  施政方針・施政の概要 > ■岩切秀雄市長 冒頭挨拶/平成27年 第4回市議会臨時会(9月開催)

 

●平成27年9月3日開会の平成27年第4回市議会臨時会で、岩切秀雄市長が述べた「開会に当たっての御挨拶」について紹介します。

 

 平成27年第4回市議会臨時会の開会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。

 

 先月25日に開会が予定されておりました第3回定例会は、本市を襲った台風15号の被害により流会となりましたことから、本日、改めて臨時会を開会いただくこととなりました。台風被害の後片付けなど、大変御多用の中、御参集いただき誠にありがとうございます。

 

 まず、先月25日未明に甑海峡を北上し本市を襲った台風15号の災害対策や被害について、昨日までの取りまとめ状況を御報告申し上げます。

 

 市では24日午後5時に災害警戒本部を設置し、同時に市内各地の詰所を開設し、避難者の受入れを開始するとともに、25日午前3時に災害対策本部を設置し、災害対策に当たったところであります。台風15号は非常に強い台風であったことから、倒木等による道路の通行止めが発生したほか、市内の90パーセント以上の世帯が停電となるなど、市民の皆様に大変な不自由が生じたところであります。

 

 停電については九州電力株式会社が全力で復旧作業を行われましたが、市内のあらゆる所で電線等が被害を受けていたことから、完全復旧には相当の時間を要しました。また、市においては停電が長期化している高齢者世帯等の安否確認やアルファ米、飲料水の配布を行ったところであります。

 

 なお、人命に関わるような被害は無かったものの、家屋等において住家の全壊が2棟、半壊45棟、一部破損640棟など多くの市民の方々が被害を受けられております。

 

 一方、市道については611箇所が通行止めとなりましたが、市内建設業者の御協力を得て約95パーセントが復旧を終えたところであります。

 

 また、教育施設、消防施設、観光施設、スポーツ施設など、多くの公共施設でも被害が発生しました。

 

 これら災害復旧に関する経費について、今後、補正予算の追加提案が必要となる見込みでありますので、御了承賜りたいと存じます。

 

 今般の台風で被害を受けられた市民の皆様には、心からのお見舞いを申し上げますとともに、市といたしましても、一日も早い復旧に全力で取り組んで参る所存であります。

 

 さて、7月13日に、市内外の約50の企業及び関係団体等の参画の下、「薩摩川内市竹バイオマス産業都市協議会」が設立されました。

 

 今後は、この協議会を基盤として、「竹」を活用した高機能材料や資材等への展開、既存の竹の収集・処理システムの再構築等による産業振興や雇用創出を目指して参ります。

 

 また、11月13日に中越パルプ工業株式会社が同社川内工場内に建設を行っている木質バイオマス発電設備の竣工式が行われる予定であります。木質バイオマス燃料を使用した発電設備としては国内最大級であり、自然エネルギーの有効活用はもとより、間伐材などの利用促進並びに雇用創出につながるものと期待しているところであります。

 

 7月27日に、東京都での「薩摩川内港ポートセミナー」を7年ぶりに開催し、船会社、物流商社などの港湾関係者約140名に向け、港湾サービスや薩摩川内市企業連携協議会の取組を紹介し、川内港のPRを図ったところであります。今後もポートセールスに積極的に取り組みながら、コンテナ取扱量の増大や更なる港湾機能の充実を図って参ります。

 

 また、7月29日に、南九州西回り自動車道阿久根川内道路の早期整備促進を図るため、北薩地域振興局、阿久根市及び本市で構成する建設促進協力会を設立しました。今後、この協力会を通じて、自動車道の早期完成を要望して参ります。

 

 第75回国民体育大会が、平成32年に鹿児島県で開催されることが内定いたしました。本県での開催は昭和47年の第27回大会以来で、48年ぶり2回目となります。既に愛称「燃ゆる感動かごしま国体」とスローガン「熱い鼓動 風は南から」、そして、本市で開催される5種目、ホッケー、バスケットボール、ウエイトリフティング、軟式野球、空手道が発表されておりますが、今後、本市においても官民一体となった準備組織を立ち上げたいと考えております。素晴らしい大会になるようこれから5年間、おもてなしの充実や必要な施設整備などに努めて参ります。

 

 第30回国民文化祭・かごしま2015の開幕まで、いよいよ58日となりました。

 

 本市では、10月31日から11月8日までの期間に、全国はんやの祭典、薩摩川内こころの川柳大会、全国まごころ短歌大会、文弥節人形浄瑠璃の祭典及び甑島の生活と文化の祭典の5つの事業が実施されます。全国各地からの御来場者をおもてなしの心でお迎えしたいと考えております。

 

 市民の皆様に本市の歴史や文化等の素晴らしさを再認識していただくとともに、新たな文化芸術活動の醸成につながることを期待しております。

 

 次に、今回の補正予算案については、一般会計において10億7207万9千円の増額補正を、10特別会計において9946万5千円の減額補正を、また、水道事業会計に係る補正予算を提案したものであります。

 

 今臨時会におきましては、補正予算案のほか、薩摩川内市個人情報保護条例の一部を改正する条例案を始めとする各議案について御審議をお願いしておりますが、平成26年度各会計決算に係る認定議案等を追加提案させていただく予定でありますので、御了承を賜りたいと存じます。

 

 提案いたしました各議案の細部につきましては、主管部・課長から説明させますので、何とぞ慎重なる御審議を賜りますようお願い申し上げ、御挨拶とさせていただきます。

 

 

このページの担当部署
総務部 秘書室 秘書グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動