トップページ >  事業者向け情報 >  商工業の振興 > 令和元年度特定計量器(はかり)の定期検査

 令和元年度特定計量器の定期検査(計量法第19条)について

 今年度は特定計量器(「はかり」)の定期検査を実施します。

特定計量器は、その計量器の適正さ・公正さを担保するために、

計量法に基づき2年に1度の定期検査が義務付けられています。

 
■令和元年度の特定計量器定期検査日程・会場について

※前回(平成29年度)の定期検査を受検された方には、定期検査のご案内郵送しておりますので、必ずご確認ください。

 

 

 

 ■受検当日に必要なもの

●検査対象のはかり

●受検通知書(商工政策課から郵送)

●検査手数料(現金)

●検査会場にいらっしゃる方の認印

※検査会場に持ち込む前に「はかり」をしっかり清掃し、運搬中の破損又は故障

  に注意して下さい。

 


※ 参 考 

 
 ■
「特定計量器」とは?
 
  主に一般消費者の生活のために、取引や証明における計量に使用される
   計量器
(「はかり」)
で、構造、基準などが計量法や政令などで定められた

   ものを 「特定計量器」といいます。
 
   取引
      ・・・有料・無料にかかわらず、物または役務の給付を目的とする業務

       上の行為
         
食品販売などでの質量の計量

          (「量り売り」や質量を表示した販売など。)
        農家及び漁業者が農作物、水産物などの

          売買又は出荷のための計量。

          (ただし出荷先が再計量する場合を除く) 

                    燃料販売での体積の計量
        薬局での薬品調剤
        
宅配便取次店などでの荷物の料金計量

                     古新聞、古雑誌の重さに応じた割引ポンイト加算制度 など
 
    証明
      ・・・公に、または業務上他人に一定の事実が真実である旨を表明する

       こと
         幼稚園、保育園、学校などで行なう身体測定の記録
        健康診断書に記載する測定結果
        工場が行政に報告する排水量の計量 など
 
  「特定計量器」には、その本体のどこかに下の(1)や(2)の刻印があります。
    この刻印がない「はかり」は、取引や証明に使用することはできません。
 
    (1)検定証印        (2)基準適合証印
                   
 
  定期検査を受けていない特定計量器や不合格となった特定計量器を取引や
   証明に使用することはできません。
   定期検査を受けていない特定計量器を取引や証明に使用した場合、法律により
    罰せられる場合があります(50万円以下の罰金ほか)。
 
  定期検査が免除になる場合
 
   新しい特定計量器が、製造時の検定を実施した翌月1日から3年以内で、
     かつ、購入後1回目の定期検査
 
   
専門の計量士が、県の実施する定期検査と同じ基準・方法で行う「代検査」         

    を受けた場合。この場合、知事に定期検査の免除届をする必要があります。
 

 
 

■はかりの種類と検査手数料

はかりの種類

ひょう量(注)

金額








電気式はかり

(電気抵抗線式はかり,電磁式はかり,光電式はかり,
 誘電式はかり)

   
     
 

100kg以下

¥1,400

250kg以下

¥1,800

500kg以下

¥2,200

500kg超

・1トン以下

¥3,100

・2トン以下

  ¥3,700





 


棒はかり,ばね式指示はかり
(直線目盛のみ)

       
 

(1台あたり)

¥300


その他のはかり

(手動天びん,等比皿手動はかり,不等比皿手動はかり,
 台手動はかり,ばね式指示はかり(円周目盛のもの),
 手動指示併用はかり  など)

     
        

           
 

100kg以下

¥600

250kg以下

¥900

500kg以下

¥1,500

1t以下

¥2,100

2t以下

¥3,700

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


分銅,おもり

                   
 




(1個あたり)




\
10

※計量器などの写真はイメージです。メーカーによって形状や機能などが異なります。
(注)・ひょう量(秤量)・・・その計量器で計量できる最大の値のことです。

 

 

 

 定期検査に合格すると・・・
 定期検査済証印が付され、定期検査合格ラベルが貼られます。

   定期検査合格ラベル


 
 (2019年6月の定期検査に合格したことを表します。)


「はかり」を新しく備えた場合や使用しなくなった場合
 
平成29年の定期検査以降、特定計量器を使用しなくなったり新しく備えたり

 など変更がある場合は、薩摩川内市 商工政策課 へご連絡ください。


お問合せ先
 
 商工政策課 商工・企業支援グループ
   TEL(代表)(0996)23-5111     (内線4323)

  社団法人 鹿児島県計量協会
   鹿児島市東開町1-8
   (鹿児島県計量検定所内)

   TEL (099)284-9112

   鹿児島県計量協会HP定期検査に関するQ&Aなどが掲載されています。)

 

 

このページの担当部署
商工観光部 商工政策課 商工・企業支援グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動