乳幼児医療給付事業

乳幼児医療給付事業について

 

平成30年10月1日から、市町村民税非課税世帯の小学校就学前の子どもを対象に、県内医療機関を受診した際の窓口における自己負担金が無料となる制度が始まります。

 

 

 事業の内容

     

鹿児島県内の医療機関等で受診した際の、窓口における自己負担金が無料となります。(注1)

 

重度心身障害者医療費助成、ひとり親家庭等医療費助成、子ども医療費助成を除く公費負担制度(注2)が適用される場合は、その公費負担制度が優先されます。

 

(注1)対象となる医療費は、「保健医療機関での保険診療」「保険薬局での保険調剤」「訪問看護ステーションでの訪問看護療養費」「整骨院・接骨院での柔道整復施術療養費」等です。

(注1)医療保険が適用されない受診費用については、お支払いが必要となります。

(注2)上記3点を除く公費負担制度の適用となる医療費とは、小児慢性特定疾患医療費や独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付(スポーツ保険)の給付対象となる医療費等です。

 

 

 対象となる子どもは?

 

以下の条件を満たす子どもが対象になります。

 

 

1.     薩摩川内市に住所がある保護者(扶養義務者)が面倒を見ていること

2.     住民税非課税世帯に属すること

3.     小学校就学前であること

4.     生活保護等、他の医療扶助を受けていないこと

 

 

 

 受給資格の期間は?

 

8月1日から翌年7月31日までとなります。

ただし、発行年度に6歳になる子どもは、6歳を迎えた直後の3月31日までが期間となります。

 

また、受給資格期間中に市町村民税非課税世帯から課税世帯に変わる場合や、市外へ転出する等、資格の要件から外れる場合は「乳幼児医療給付受給資格者証」を薩摩川内市へお返しください。

 

 

 登録申請手続

 

申請手続きには、子ども医療費助成の資格申請と同じものが必要となります。(注)

詳しくは、子ども医療費助成のホームページ「登録申請手続き」をご参照ください。

 

なお、乳幼児医療給付事業の資格作成時に、重度心身障害者医療費助成、ひとり親家庭等医療費助成、子ども医療費助成のいずれかの資格をお持ちでない方は、該当する資格の申請が可能です。

 

(注)登録した資格内容に変更があった場合、変更のお手続きが必要となりますので、窓口までお越しください。詳しくは、子ども医療費助成のホームページ「市への届け出が必要なとき」をご参照ください。

 

 

 その他注意事項

 

   現在お持ちの重度心身障害者医療費助成、ひとり親家庭等医療費助成、子ども医療費助成のいずれかの資格は喪失しません。

乳幼児医療給付受給資格者証を忘れる等受診時に提示しなかった場合や、鹿児島県外での受診については、従来通り償還払いの手続きが必要となります。

 

   乳幼児医療給付受給資格者証は受診する際、毎回医療機関窓口で提示してください。

 

   乳幼児医療給付事業では、国民健康保険(注)に加入している世帯が高額療養費に該当する場合、医療機関窓口で限度額適用認定証または限度額適用認定証・標準負担額減額認定証の提示がない場合、自己負担額のお支払いが必要になることがあります。

入院等、高額療養費に該当することが予想される場合は、あらかじめ限度額認定証または限度額適用認定証・標準負担額減額認定証の申請を行ってください。

なお、窓口で自己負担額をお支払いされたときは、重度心身障害者医療費助成、ひとり親家庭等医療費助成、子ども医療費助成、いずれかのお持ちの資格の助成手続きを行ってください。

 

(注)国民健康保険組合は、「鹿児島県医師国民健康保険組合」や「全国土木建築国民健康保険組合」等の国保組合の健康保険を含みます。

このページの担当部署
市民福祉部 子育て支援課 育成支援グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動