トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  道路・河川 > 法定外公共物(里道・水路)の払下げ方針について

法定外公共物(里道・水路)の払下げ方針について

平成29年9月21日開催の第5回不動産価額評定委員会で以下のとおり決定済み


1.里道・水路が宅地内に存在する場合、一体として利用する宅地の固定資産評価額を実勢価額に割戻した額を希望価額とする。(事例1参照)

宅地固定資産評価額/0.7= 宅地実勢価額(希望価額)


2.宅地予定の里道・水路については、一体として利用する土地の近隣の取引事例を希望価額とする。(事例2参照)


3.宅地以外については、一体として利用する土地の実勢価額を希望価額とするが、実勢価額と近隣の取引事例価額の差が大きい場合、近隣の取引事例を希望価額とする。
(雑種地・田・畑・山林・原野)  (事例3参照)


4.上記によりがたい場合は、別途考慮するものとする。
 

ダウンロード
このページの担当部署
建設部 建設維持課 建設管理グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-8389
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動