トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  環境・ペット等 >  環境 > 「太陽光発電の環境配慮ガイドライン」について

「太陽光発電の環境配慮ガイドライン」について

 大規模な太陽光発電事業の実施に伴い、土砂流出や濁水の発生、景観への影響、動植物の生息・生育環境の悪化などが生じている事例があります。
 そのため、国と鹿児島県では、太陽光発電事業を環境影響評価(環境アセスメント)の対象に追加しました。

区分 規模要件 適用
環境影響評価法 第一種事業 出力 4万kW以上 令和2年4月1日から
第二種事業 出力 3万kW以上 4万kW未満
鹿児島県環境影響評価条例 一般地域  一団の土地の区域の面積 40ha以上 令和2年10月1日から
特定地域  一団の土地の区域の面積 30ha以上


 しかし、これらの要件に該当しない規模の事業であっても、環境に配慮し、地域との共生を図ることが重要です。
 環境省では、実施主体である発電事業者が、立地検討・設計段階において自主的な環境配慮の取組を講じることを促進するため、「太陽光発電の環境配慮ガイドライン」を策定し、公表しました。

  >>> 環境省報道発表資料はこちら(外部リンク)

 環境影響評価の対象とならない10kW以上の事業用太陽光発電施設の設置(建築物の屋根、壁面又は屋上に設置するものは除く。)を検討されている事業者は、本ガイドラインに基づき対応してください。
 

ダウンロード
このページの担当部署
市民福祉部 環境課 生活環境グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動