トップページ >  市長の部屋 >  市長の活動報告 >  令和2年度 >  6月 > 6月2日 かごしま国体炬火トーチ受渡式

 6月2日 かごしま国体炬火トーチ受渡式

 第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体」の大会期間中に、選手を見守るシンボルとなる炬火を運ぶ「炬火トーチ」を本市の高校生がデザインしたことを受けて、6月2日に市役所で炬火トーチ受渡式が行われました。


 今回、炬火トーチをデザインしたのは、川内商工高等学校3年の福永沙夏さんで、県の鳥である「ルリカケス」と県の花である「ミヤマキリシマ」を組み合わせ、鹿児島の豊かな自然の美しさを表現したものであり、このデザインをもとに炬火トーチが製作され、福永さんから岩切市長に受け渡しが行われたものです。


 福永さんからデザインに込めた深い思いを聞いた岩切市長は、「全国から応募があった中から福永さんの作品が採用されたことは大変名誉なことである。福永さんがデザインした「炬火トーチ」がかごしま国体の大切な思い出の一部になることを期待している。」と述べました。

国体炬火トーチ受渡式1

 

国体炬火トーチ受渡式2

関連情報
このページの担当部署
総務部 秘書室 秘書グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動