トップページ >  市長の部屋 >  施政方針・メッセージ >  アフターコロナを見据えた薩摩川内市の中期的展望(市長戦略方針) > アフターコロナを見据えた薩摩川内市の中期的展望(市長戦略方針)

■アフターコロナを見据えた薩摩川内市の中期的展望(市長戦略方針)

 

 「中期的展望」とは、概ね令和10年(2028年)4月を目途に、SDGs・カーボンニュートラル、デジタル社会構築の理念の下、市民の皆様とビジョンを共有しながら、アフターコロナを見据えて、新たに、更に大きな「人流」、「物流」、「経済好循環」を創り出すため、「5つの未来創生」の実現を目指す「市長戦略方針」です。

 

アフターコロナを見据えた薩摩川内市の中期的展望

    令和4年度当初予算の公表に当たり、SDGs・カーボンニュートラル、デジタル社会構
   築の理念の下、『アフターコロナを見据えた薩摩川内市の中期的展望』として「5つの未来
   創生」の実現を目指します。

    5-1.新ビジョンの策定
    5-2.循環経済・産業拠点の創出~川内港臨海ゾーン整備
    5-3.雇用の創出
    5-4.交流の創出
    5-5.甑島医療体制の整備

  5-1.新ビジョンの策定
   ・令和4年度からの新組織体制の下、次期総合計画策定を進めます。
    (1)第3次総合計画策定(計画期間:令和7~16年)
    (2)48地区コミュニティの地区振興計画改訂(計画期間:令和6~10年)

  5-2. 循環経済・産業拠点の創出~川内港臨海ゾーン整備
   ・川内港臨海ゾーンにおいて、循環経済・産業拠点の創出を目指します。
    (1)川内港唐浜地区国際物流ターミナルの整備・供用
    (2)川内(火力)発電所跡地の活用
      ※火力発電所跡地32haの活用を促進し、循環経済・産業拠点を創出します。
    (3)川内港久見崎みらいゾーンの分譲・企業立地
    (4)南九州西回り自動車道 阿久根川内道路 薩摩川内水引IC~(仮称)湯田西方ICの供用
    (5)重要港湾川内港~南九州西回り自動車道間のアクセス道の事業化促進
    (6)川内川高潮対策事業(川内川左岸(滄浪地区)高潮堤防整備)

  5-3.雇用の創出
   (1)既存誘致企業の拡張推進
     ※京セラ鹿児島川内工場などの工場拡張を推進します。
   (2)新規就農者育成拠点施設の利用推進
   (3)閉校跡地の利活用推進

  5-4.交流の創出
   (1)全国大会の開催支援、誘致
    ※全国中学生空手道選手権大会、全国和牛能力共進会(令和4年)、
      燃ゆる感動かごしま国体・燃ゆる感動かごしま大会、全国高等学校総合文化祭(令和5年)等
   (2)旧川内市民文化ホール跡地活用施設の整備促進

  5-5.甑島医療体制の整備
   ・甑島の診療所等の再編、整備を進めます。

 

                              令和4年2月14日

                              薩摩川内市長 田中 良二    

 

ダウンロード
このページの担当部署
未来政策部 秘書広報課 秘書G
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ 提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動