トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  介護 >  介護保険 > 介護保険料の納め方と納期

介護保険料の納め方と納期

1 介護保険料の納め方

 

 介護保険料の納め方には、特別徴収と普通徴収があります。

 

 特別徴収 ・・・年金からの天引き    普通徴収  ・・・納付書払い、口座振替

 

 年金を年額18万円以上受給している方は、原則として特別徴収となります。特別徴収か普通徴収かを任意に選択することはできません。

65歳年齢到達の方や転入してきた方については、しばらくの間(1)普通徴収で納めていただいた後、特別徴収に自動で切り替わります。(2)

 

1 約半年から1年ほどかかります。

2 手続きは必要ありません。特別徴収が開始される際は、事前に通知いたします。

 

 

 

2 介護保険料の納期

 

 介護保険料の納期は下記のとおりです。(特別徴収:ピンク 普通徴収:オレンジ)

 

 特別徴収の場合  偶数月の年金支給時に年金から天引きされます。

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 普通徴収の場合  納期月の月末が納期限です。口座振替の場合は納期月の25日が振替日です。

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 

 介護保険料は原則年6回で納めますが、誕生月や転入月、前年度の賦課状況などによっては、下記のような不規則な納期になる場合もあります。

 

 その他のパターン

 

 ① 普通徴収から特別徴収へ年度途中で切り替わる場合(5回払い)

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 ② 6月特別徴収開始(5回払い)

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 ③ 8月特別徴収開始(4回払い)

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 ④ 10月特別徴収開始(3回払い)

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 

3 仮徴収と平準化について

 

 介護保険料は、前年の収入等を基に毎年4月から翌年3月までを1年として年額を決定しています。収入等の情報がこちらで確認できるのが6月頃のため、介護保険料は7月に正式に決定します。そのため、4月と6月と8月の特別徴収額は、前年度の2月と同じ金額を仮徴収しています。(8月は平準化により金額が変更になる場合もあります)

 

 平準化とは、前年度と今年度の介護保険料の段階が大きく変わった場合、来年度以降の徴収額を均等にするため、8月の金額を調整することです。

 

 

このページの担当部署
市民福祉部 高齢・介護福祉課 介護指導グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-5131
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動