トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  ごみ・し尿・浄化槽 >  ごみの分け方 > 本土地域(川内・樋脇・入来・東郷・祁答院)

家庭ごみの分け方・出し方(本土地域)

燃やせるごみ(週2回)
 ●指定袋(透明)で、収集日当日朝8時までに、決められた収集所へ出してください。収集所は自治会長等に確認してください。
 ●廃油は固めるか古布等に吸収させてください。
 ●生ごみなどは、水分等を十分に切り、また、悪臭等が発生しないように必ず袋の口はしっかり結んでから出してください。
 ●不燃ごみや不適物などが混入している袋や、中身が確認できない袋、指定ごみ袋でない場合は収集できませんので注意してください。
 
 (例)台所ごみ・紙くず(感熱紙・カーボン紙等リサイクルできない紙、シュレッダー処理又は細かく破いた紙)・布類・衣類・草木の枝葉・革製品・紙オムツ(汚物は取除いて)・使い捨てライター・貝殻・卵殻・ビデオテープ・CD・MD・・・など


燃やせないごみ(月1回)
 ●指定袋(赤)で、収集日当日朝8時までに、決められた収集所へ出してください。収集所は自治会長等に確認してください。
 ●ガラス類や刃物などは、紙で包むなどして袋が破れないように入れ、「キケン」と書いて出してください。
 ●指定袋に入らない物は、「粗大ごみ」です。
 ●スーパー袋等で二重に包まないでください。
 ●スプレー缶は穴をあけて「資源」に出してください。
 ●在宅医療の注射針(鍼灸針を含む。)は感染性特別管理産業廃棄物ですので、医療機関等を通じて排出してください。その他の在宅医療廃棄物については、本庁・各支所担当課までお問い合わせください。
 ●燃料保管容器(金属製、プラスチック製)は、必ず中身がない状態にして排出してください。

 (例)せともの・割れガラス・硬いプラスチック製のおもちゃ・蛍光灯・かさ・小型の家電製品(コードは根元から切断して)・ポット・なべ・フライパン・・・など


資 源 (自治会で決められた日) 
 きちんと分別し、自治会で決められた日時に、決められたリサイクルステーションに出してください。場所・日時については、自治会長等に確認してください。
 
■ 紙 類  紙ひもで十字にしばって出す。
  ・ ダンボール ガムテープを取除く
  ・ 新聞紙・チラシ ビニール袋は「プラスチック製容器包装」へ出す。
  ・ 雑誌 ビニールコート紙(アルバム)等は燃やせるごみへ出す。
  ・ 紙パック 洗って、乾かして、切り開いて出す。中がアルミ又はビニールコーティングしているものは「燃やせるごみ」へ。
  ・ その他の紙 菓子箱・紙袋など。金属類など紙以外の部分は取除いて出す。
  
 ■ 空き缶類  すすいでつぶさずに出す。
  ・ スチール缶 スプレー缶は穴をあけて出す。
  ・ アルミ缶

 ■ 空きびん類  ふた・中栓を必ずとって水ですすぐ。(プラスチックのふたは「プラスチック製容器包装」へ、金属のふたは「燃やせないごみ」へ出す。一升びんは、ふたは付けたまま。)
  ・ 生きびん (一升びん・ビールびんなど、再利用できるびん)
  ・ ワンウェイびん(茶色)
  ・ ワンウェイびん(無色透明)
  ・ ワンウェイびん(その他の色)

 ■ ペットボトル  ふた・ラベルを外し、すすいでつぶさずに出す。ふた・ラベルは「プラスチック製容器包装」へ出す。
  
 ■ プラスチック類
  ・ プラスチック製容器包装 中身の食品や商品等を食べたり使ったりした後に不要になるプラスチック製の容器・包装が対象。洗浄・乾燥をしっかりして出す。
  ・ 白色トレイ白色発泡スチロール 白色のものだけが対象。色柄や印刷してあるもの・ コーティングしてあるものは「プラスチック製容器包装」へ出す。

   ■ 電池類
      ・ 回収する電池はマンガン・アルカリ電池です。
           ※ボタン電池や充電池、携帯電話のバッテリーは、燃やせないごみです。(電器店や販売店で回収しているところもあります。)
  
粗大ごみ(収集は行いません)
 ●指定袋に入らないものが粗大ごみになります。
 ●川内クリーンセンターへ直接搬入していただくか、又は一般廃棄物収集運搬許可業者に収集を依頼してください。(許可業者については、環境課へお問い合わせください。)
 ●川内クリーンセンターへ直接搬入する場合は処分手数料が必要となります。
 ●川内クリーンセンターで処分できないものは、受け入れを断る場合があります。


家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)
 ●購入店か買い替えの時の小売店へ引取りを依頼してください。その際、リサイクル料金と運搬料金が必要です。
 ●購入店の廃業や転入などで小売店に引き渡すことが困難な場合のみクリーンセンターへ搬入することができます。(郵便局で発行のリサイクル券と運搬手数料が必要です。)
 ●「リサイクル・ごみの減量化」(下記関連情報)もご参照ください。


事業所ごみ(一般廃棄物)
 ●商店・スーパー・飲食店・事業所・公共施設等から出る事業所ごみは、地域の収集所には出せません。
 ●事業者の責任において処理するか直接クリーンセンターへ持ち込んでください。
 ●川内クリーンセンターへ直接搬入する場合は搬入許可及び処理手数料が必要となります。


※下記から、本庁・各支所で配布している「ごみの分別ハンドブック」がダウンロードできますが、お使いのパソコンの環境によっては、ダウンロードに時間がかかることがあります。

ダウンロード
関連情報

 

 

 

 


ごみ出しカレンダー(平成29年度)

 各地区でごみの収集日・資源回収日が異なりますので、下記からお住まいの地区のゴミ出しカレンダーをご覧のうえ、決められた時間・場所にごみ・資源を出してください。ごみ出しカレンダーは、本庁・各支所でも配布しています。

ダウンロード





※直接搬入の手数料等は、こちらをご覧ください。

関連情報
このページの担当部署
市民福祉部 環境課 廃棄物対策グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動