フォトニュース(H27.7月)

横巻き: 犯罪や非行のない安全・安心な社会へ 

 


7月1日(水)、薩摩保護区保護司会、川内更生保護

女性会、入来地域更生保護女性会、川内地区青年ボラ

ンティア団体会員が、本庁を訪れ、内閣総理大臣およ

び県知事からの「社会を明るくする運動」のメッセー

ジを向原翼副市長に伝達。犯罪や非行の防止と罪を犯

した人たちの更生について理解を深め、よりよい社会

実現のために、連携していくことを確認しました。

 

横巻き: 祁答院地域でデマンド交通が始まりました 

 

 


7月1日(水)、祁答院保健センターにおいて、祁答

院地域デマンド交通「けどういん号」の出発式が行わ

れました。

デマンド交通は、月曜日から土曜日までの運行(祝

日の場合は運休)で、一部、市内横断シャトルバスと

も接続しています。バス停を設けず、利用者が指定す

る場所で乗降できることから、利便性が高く、既に2

30人を超える方が登録されています。

 

横巻き: 迫力満点!チャリティプロレスin上甑 

 


7月5日(日)、上甑コミュニティセンターにおいて、

アジアンプロレスリングが主催するチャリティ試合が

開催されました。地区での開催は4年ぶりとあって、

観客席には、子どもたちの姿も多くみられました。試

合の合間には、本大会の後援者である市社会福祉協議

会へ寄附金の贈呈もありました。

 

 

 

 

 

 

 

横巻き: 六次産業化実施計画 第4号・5号を承認 

 


7月7日(火)、市役所本庁において、六次産業化実

施計画承認書交付式が行われました。入来町の(株)

薩摩八重ファーム(写真左)と高江町の石沢秀京氏(写

真右)から申請のあった同計画を承認したものです。

今後、自らが生産した農畜産物を活用して、新商品の

開発や、販路の開拓に取り組む予定です。

 

 

横巻き: 道の駅樋脇遊湯館が優秀賞を受賞 

 

 


樋脇遊湯館が九州・沖縄道の駅連絡会から優秀賞を

受賞されました。これは、地元中学校・大学などと連

携した新メニューの開発や、地域イベントの積極的な

開催、外国人観光案内所認定の取得など、これまでの

実績が評価されたものです。これを受け、7月14日

(火)、指定管理者である同館の黒瀬一郎社長らが岩切

秀雄市長を表敬訪問されました。

今後、さらなる成果をあげ、他の道の駅の模範とな

ることが期待されます。

横巻き: 学校と地元企業のマッチング事業を開催 

 

 


7月15日(水)、薩摩川内市企業連携協議会主催の

「学校と企業の情報交換会」が開催されました。これ

は、市内における就業機会の創出を図ることを目的と

したもので、参加された学校・企業の担当者の間で熱

心な情報交換が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

横巻き: 夏の風物詩「ほおずき市」開催 

 


7月18日(土)・19日(日)、特産品直売所祁答

院ロード51で、「ほおずき市」が開催されました。吊

り下げられた鮮やかなオレンジ色のほおずきが、夏の

訪れを告げていました。また、地元のサトイモを使っ

た「さとっこあげ」などの特産品の販売もあり、会場

は多くの買い物客でにぎわいました。

 

 

 

横巻き: 笑顔いっぱい 尾白江自治会夏祭り 

 

 


7月26日(日)、尾白江自治会夏祭りが開催されま

した。焼き鳥・かき氷・金魚すくいなどの出店や、子

どもたちによるラムネの一気飲み大会、スイカ割り、

大人による弾き語りや総踊りなどが行われ、会場には

明るい声と笑顔が溢れていました。当日は台風12号

の影響を受け、風の強い中でしたが、たくさんの来場

者でにぎわいました。

【記事・写真提供】=同自治会

横巻き: 東京都内にて開催 薩摩川内港ポートセミナー 

 

 


7月27日(月)、薩摩川内港の利用促進を図るため、

東京都内にてポートセミナーを開催しました。薩摩川

内港の港湾サービスや薩摩川内市企業連携協議会の紹

介を行い、船会社・物流企業・商社など、港湾関係者

140人が出席しました。岩切市長は、国際コンテナ

港としての利便性向上をアピールし、「今後も更なる発

展を目指してポートセールスに積極的に取り組んでい

く」と意欲を示しました。

 

 

 

 

横巻き: 青少年フレッシュ体験事業 北海道ニセコ町と交流 

 


7月27日(月)~31日(金)の期間、本市にお

いて、北海道ニセコ町の交流団との交流会が行われま

した。ニセコ町の有島文学館と川内まごころ文学館は、

有島三兄弟の文学館として姉妹館盟約を結び、文化交

流を行っています。今回は、有島文学の学習や甑島で

の自然活動などを主に、子どもたちが交流を深めてい

ました。

 

横巻き: ふるさとの海でカヌー学習 

 

 


市内小・中学校の学習科目「ふるさと・コミュニケーション科」

の授業で、中津小学校では毎年、3年生以上の児童が

カヌー学習を行っています。今年も、甑大明神橋や鹿

の子大橋を眼前に、基本的な漕法や海への恐怖心を和

らげるための練習などの体験を楽しみました。学習を

通して、子どもたちはふるさとの海の素晴らしさを実

感していました。

[記事・写真提供]=中津小学校

 

 

平成23年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月  1月 2月 

 

平成24年度

      10 11月 12   

 

平成25年度

4月 5月   8月  10月 11 12   

 

平成26年度

4月 5月  7月 8月  10 11月 12月   

 

平成27年度

4月 5月 

このページの担当部署
企画政策部 広報室 広聴広報グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動