トップページ >  重要なお知らせ > 高病原性鳥インフルエンザについて
トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  産業 >  畜産 > 高病原性鳥インフルエンザについて
トップページ >  事業者向け情報 >  トピックス > 高病原性鳥インフルエンザについて
トップページ >  事業者向け情報 >  農林水産業の振興 >  畜産 > 高病原性鳥インフルエンザについて

高病原性鳥インフルエンザについて

高病原性鳥インフルエンザについて

 さつま町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生しました。

 ニワトリ等を飼っている方は、鳥小屋等の消毒と野鳥や野生動物と接触させない対策を徹底してください。予防対策として消毒薬の配布を行っていますので、希望される方は『本庁畜産課』若しくは『各支所地域振興課』までお越しください。

 また、万一、鶏等に異常があった場合には、ただちに市役所か北薩家畜保健衛生所までご連絡ください。

 

鶏等を飼われている方々へ

○鳥インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザ)とは

この病気は、鶏だけではなく多くの鳥類(七面鳥、うずら等)が感染する可能性があり、感染した場合、死亡率の高い病原性を示すウイルス感染症です。何種類かある鳥インフルエンザのうち、死亡率が高い、ウイルスが変化して死亡率が高くなる可能性のある特定のウイルスのものをいいます。

感染した場合の主な症状は、感染初期での急死、神経症状(首曲り、元気消失等)、呼吸器症状、消化器症状(下痢、食欲減退等)等が見られます。

 

1 鳥小屋は、いつも清潔にしましょう。

鳥小屋内の食べ残した餌やたまった糞は、こまめに掃除して、きれいにしてあげましょう。

 

2 野生生物から鳥を守りましょう。

鳥の病気は、野鳥やネズミが運んでくる事が多いと言われています。タヌキやイタチによる被害も、多く報告されています。

 鳥小屋には、屋根や防鳥ネットを取り付けて、野生生物等による被害を防止しましょう。

 

3 きれいな水と餌をあげましょう。

餌がネズミなどに食べられないように、きちんと保管し、飲み水は水道水などきれいな水を使用しましょう。

 

4 消毒の実施について

鳥の病気を防ぐため、えさ箱や水飲み桶、鳥小屋に入る時の長靴などの消毒をしましょう。消毒薬は、薬局、薬店、農協などで「逆性石けん」などが購入出来ます。

※一般の動物用に使われている逆性石鹸、ヨード剤、塩素剤等の消毒薬で消毒可能です。

また、鳥小屋の周囲には、肥料用などで売られている消石灰を散布することも効果的です。

 

鳥インフルエンザの人への感染について

感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。

日常生活においては、過度に心配する必要はありません。

 

連絡先

 鶏等に異常があった場合には、ただちに市役所か北薩家畜保健衛生所までご連絡ください。

【市役所畜産課】             【北薩家畜保健衛生所】

  TEL:23-5111             TEL:22-2184

(内線4231、4232)

 

このページの担当部署
農林水産部 畜産課 畜産振興グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-20-5570
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動