トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  介護 >  様式集・各種統計情報 > 地域包括ケア「見える化」システムからの分析

地域包括ケア「見える化」システムからの分析

(1)人口の推移と高齢化率

 人口は2005年から2015年までの10年間で6,294人減少している。一方65歳以上の高齢者人口は1,773人増加しており、2025年までは増加すると推計されている。
                                                                             図1
図1

                                                                             図2
図2
 

 高齢化率は増加傾向にあり、2045年には38.9%にまで及ぶと推計されている。2019年の高齢化率は31.9%で、全国平均(28.4%)よりは高く、鹿児島県平均(32.0%)とほぼ同じである。
                                                               図3
図3



(2)高齢者(独居・夫婦)世帯の割合

  2015年の高齢者独居世帯の割合は15.9%であり、全国平均、鹿児島県平均をともに上回っている。
                                                               図4
図4

 2015年の高齢者独居世帯の割合は11.9%であり、全国平均、鹿児島県平均をともに上回っている。
                                                               図5
図5

 2015年における高齢者独居世帯と高齢者夫婦世帯の割合の合計は27.8%であり、4世帯中平均1世帯以上が高齢者のみで構成されている世帯ということになる。



(3)要介護(要支援)認定率

 平成25年3月末から令和2年11月末までの要介護(要支援)認定者数の最小値は5,614人、最大値は6,191人である。同期間の要介護(要支援)認定率の最小値は19.2%、最大値は22.5%である。平成29年4月介護予防・日常生活支援総合事業の開始に伴い認定者数・認定率は下降したものの、最近は上昇傾向となっている。要介護(要支援)認定を受けなければ利用できない介護(予防)サービスの需要が高まってきている。
                                                                             図6
図6

                                                                             図7
図7
 

 2020年の要介護(要支援)認定率は19.9%で、全国平均(18.7%)及び鹿児島県平均(19.5%)よりも高い。
                                                                             図8
図8

 

 2019年の調整済み認定率は16.8%で、全国平均(18.5%)及び鹿児島県平均(17.5%)より低い。
 〇調整済み認定率・・・認定率の多寡に大きな影響を及ぼす「第1号被保険者の性・年齢構成」の影響を除外した認定率

                                                                             図9
図9
 

 2019年の調整済み重度認定率は6.1%で、全国平均(6.3%)及び鹿児島県平均(6.4%)よりやや低い。
                                                              図10
図10


 2019年の調整済み軽度認定率は10.6%で、全国平均(12.1%)及び鹿児島県平均(11.1%)より低い。
                                                              図11
図11


 調整済み認定率について、国・県・県内他市町村と比較すると、国全体・県全体と比べ、軽度認定率・重度認定率ともに低くなっている。
                                                                        
図12
図12
※スペースの関係上、十島村(軽度認定率:17.7% 重度認定率:21.0%)を図から除外している。



(4)介護給付費

(a)標準給付費の推移

 薩摩川内市の直近5年間の介護保険事業に係る標準給付費は、92億円~97億円台で推移しており、近年は増加傾向にあります。現行計画で定めた計画地と比較すると、計画地をやや下回る値で推移しており、介護保険事業は健全に運営されていると言えます。
                                                                       
図13
図13
図13-2



(b)サービス別給付月額

 調整済み第1号被保険者1人あたりの給付費月額(平成30年(2018年))は、在宅サービス及び居住系サービスは国平均・県平均と比較しておよそ2割程度低い。一方施設サービスは
国平均・県平均と比較しておよそ2割程度高い。

                                                              
図14
図14

                                                              図15
図15

                                                              図16
図16



(5)サービス別利用率

(a)在宅・居住系サービス利用者割合

 2020年の在宅・居住系サービス利用者割合は71.2%で、全国平均(79.7%)、鹿児島県平均(76.8%)よりも低い。重度な介護度ほどその割合は減少し、要介護5では26.3%で、
全国平均(46.7%)、鹿児島県平均(37.9%)よりも低い。本市では施設サービス利用者割合が高くなっているということである。
                                                               
図17
図17
図18


(b)施設サービスの定員

 2019年の施設サービス(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・地域密着型介護老人福祉施設・介護医療院)の要支援・要介護者1人当たり定員は0.229人で、国(0.156人)、県(0.181人)よりも多い。
                                                               
図18
図18


(C)医療系サービスの利用率

 2020年の訪問リハビリテーションの利用率は1.82%、国1.77%、県2.62%となっており、要介護度別内訳は下記のとおりである。全体的に県より低い値となっている。
                                                               
図19
図19


 2020年の通所リハビリテーションの利用率は19.75%、
国8.96%、県17.37%となっており、要介護度別内訳は下記のとおりである。国の倍以上の値であり、通所リハビリテーションの利用が多いことが窺える。
                                                               
図20
図20


 2020年の介護老人保健施設の利用率は7.97%、
国5.44%、県6.22%となっており、要介護度別内訳は下記のとおりである。
                                                               
図21
図21


 2020年の介護医療院の利用率は0.85%、
国0.33%、県0.66%となっており、要介護度別内訳は下記のとおりである。国の倍以上の値であるが、新しい施設なので今後も注視していく。
                                                               
図22
図22




(6)リハビリテーションサービスの事業所数と従事者数

(a)認定者1万人当たりの事業所数
                                                               
図23
図23
                                                               
図24
図24


(b)
認定者1万人当たりの従事者数
                                                               
図25
図25
                                                               
図26
図26
                                                               
図27
図27

このページの担当部署
市民福祉部 高齢・介護福祉課 介護指導グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-5131
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動