トップページ >  暮らしの情報 >  暮らす >  介護 >  介護予防事業 > ふれあい・いきいきサロン

ふれあい・いきいきサロン

ふれあい・いきいきサロンとは?

 最近では、ご近所づきあい・向こう三軒両隣といったことが薄れてきて、住民同士が交流する場が少なくなってきています。
 サロンは、地域にお住いの高齢者などが、気軽に集えて無理なく楽しく通い続けられる「仲間づくり」「健康づくり」などを行う地域交流の場です。

ふれあい・いきいきサロンの特徴は?

だれでも自由に参加できる

高齢者は誰でも参加できます。高齢者に限らず、年齢に関係なく誰でも参加できるサロンや、多世代交流を行うサロンもあります。

場所も自由に設定できる

誰でも歩いて気軽に立ち寄れる場所であって、地区コミュニティセンターや自治会館、集会所、個人宅などさまざまな場所で行われています。

主役は参加者

運営を他人任せにせず、集まった一人ひとりがそれぞれ役割を持って主体的に活動しています。

お金のことは…

サロンは費用をかけずに楽しむことを基本とします。場合によっては、参加費を必要とする場合もありますが、なるべく参加者の負担にならない額を設定されています。

ふれあい・いきいきサロンの効果は?

 社会参加への意欲の高まり

参加者一人ひとりが主体となって活動することによって、自分の役割や楽しさ、必要とされる喜びや生きがいを見出し、社会参加の意欲を高めます。

仲間や居場所ができる

気軽に立ち寄って、人と会い、話したり、笑ったり、歌ったりしながら、仲間ができたり、自宅以外の居場所もできます。

閉じこもり防止

とにかく外に出て、人と交流することで閉じこもり防止になり、仲間同士でお互いを気にかけるようになることで見守り効果もあります。

介護予防・認知症予防

サロン会場まで出かけること、活動で無理なく体を動かすことで、活動量が増えて介護予防となります。また、話したり、笑ったり、さまざまなプログラムで脳を働かせることで認知症予防にもなります。

地域力の向上

サロンでの会話の中から、日ごろの心配ごとや地域のニーズや課題を把握することができ、それを関係機関と解決することで地域の力を高めることができます。

ふれあい・いきいきサロンのサポートは?

 薩摩川内市社会福祉協議会では、ふれあい・いきいきサロンの開設や運営についてサポートしています。
 どうやったらサロンをはじめられるんだろう。サロンで何をすればいいんだろう。などご質問がありましたら、薩摩川内市社会福祉協議会地域福祉課(0996-29-5538)へご相談ください。

薩摩川内市社会福祉協議会ホームページ(外部サイトへリンク)

 

このページの担当部署
市民福祉部 高齢・介護福祉課 包括支援グループ
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-5131
お問合せ
提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動