トップページ >  マイナンバー制度 >  その他(利活用 等) > マイナポイント第2弾のお申し込みは、令和5年2月末まで!

マイナポイント第2弾のお申し込みは、令和5年2月末まで!




 <新着情報>

■ 令和4年10月17日から、マイナポイント支援窓口が、変更になりました。(2022年11月9日更新)

  本庁2階市民課4番窓口前フロア → 本庁別館101会議室

■ マイナポイントを受け取るためには、マイナンバーカードが必要となりますが、マイナンバーカードをお持ちでない方の申請期限が、令和4年9月末から令和4年12月末までに延長されました

  なお、マイナポイントの申込期限は、令和5年2月末まで(2022年9月22日更新)

■ マイナポイント第2弾に伴うポイント受取申込が、令和4年6月30日から開始されました。なお、本庁マイナポイント支援窓口において、支援を受けられた方々については、※重要なお知らせ※をクリックし、内容確認をお願いします。(2022年6月30日更新)

■ マイキープラットフォーム(マイナポイント予約・申込等)のシステムメンテナンスが、令和4年6月25日(土)から令和4年6月30日(木)午前中までの予定で行われるため、この間は、マイナポイント予約・申込等が出来なくなります。

 つきましては、本庁2階市民課4番窓口前フロアに開設している、マイナポイント第2弾等の申込支援窓口で、一部の支援が出来なくなることについて、ご理解とご協力をお願いいたします。

 なお、健康保険証の利用登録、公金受取口座の登録、薩摩川内市公式LINE登録、新型コロナワクチン接種証明書アプリ登録の支援やマイナポイントに関するご相談については、引き続き行っておりますので、ご利用ください。(2022年6月8日更新)

■ マイナポイント第2弾による、公金受取口座の登録が開始されました。(2022年4月18日更新)

 ■ マイナポイント第2弾の実施に伴い、令和4年1月11日(火)から当分の間、本庁市民課窓口前フロアにて、マイナポイント等の申込支援を行っております。

 ※申込支援は、8:30~17:15まで、行っております。(2022年1月11日更新)

 


マイナポイント第2弾のお申し込みは、令和5年2月末まで!


 〇 マイナポイント第2弾とは

 国では、消費活性化及び個人番号(マイナンバー)カードの普及促進、キャッシュレス決済の情報基盤構築のため、マイナンバーカードを取得した方に対し、民間のキャッシュレス決済サービスを通じて利用できるマイナポイント(1人あたり最大20,000円相当分)を付与する事業を令和4年1月1日から実施しており、公金受取口座の登録についても、3月28日より、開始されました。 

 施策(1) マイナンバーカードを取得された方で、マイナポイント第1・2弾を申し込んでいない方・・・最大5,000円相当分のポイント

 施策(2) マイナンバーカードの健康保険証としての利用登録及びマイナポイント受取申込みを行った方・・・7,500円相当分のポイント

 施策(3) 公金受付口座の登録・マイナポイント受取申込みを行った方・・・7,500円相当分のポイント 

  ※ 施策(2)、(3)のポイント付与については、令和4年6月30日から受取申込みを行う必要があります。

〇 マイナポイントの利用イメージ

 マイナポント申し込みで、お好きなキャッシュレス決済サービスを選び、チャージまたはお買い物(ご利用金額の25%上限)で、最大5,000円相当分のポイントがもらえ、いつものお店で買い物に利用できます。

〇 どうやったらポイントがもらえるの?

 まずは、マイナンバーカードを取得し、カードが手元に来たら、施策(1)の予約・申し込みを行い、選んだキャッシュレス決済サービスを登録し、チャージまたはお買い物をすることで、最大5,000円相当分のポイントがもらえます。

 また、施策(2)の利用登録及び施策(3)の登録が済んでいる方も、令和4年6月30日以降に、マイナポイント受取申込みが必要となります。

〇 いつまでに申し込めばいいの? (2022年9月22日現在)

 ・ 施策(1)、(2)、(3)の登録・申込みは、いずれも令和5年2月末までとなります。

 ・ 施策(1)のチャージまたはお買い物についても、令和5年2月末までになります。

 ・ 令和4年12月末まで、マイナンバーカードの申請をされた方が対象となります。 


 1 マイナンバーカードを取得するには

 マイナンバーカードの申請と各種手続き様式について」を参照してください。

 ※ マイナンバーカードは、申請から交付まで、概ね1~2ヶ月かかります。

 ※ マイナポイント申込みの対象となるマイナンバーカード申請期限は、令和4年12月末までに申請された方が対象となります。

 ※ 最新情報は、総務省HP「マイナンバーカードの取得方法」を参照してください。

2 マイナポイントの予約・申込みに必要なもの

 <必須>

  〇 マイナンバーカード

  〇 利用者証明書用電子証明書の暗証番号(数字4桁)

 施策(1) マイナポイントの申込み(第1・2弾未申込者)

  ・ 選んだキャッシュレス決済サービス情報(決済サービスID/セキュリティコード)

  ※ 申込みたいキャッシュレス決済サービスを参照

  ※ キャッシュレス決済サービスは、お客様の方で、事前登録及び取得が必要となります。

  ※ キャッシュレス決済サービスとは、電子マネーカード(薩摩川内市では、セブンイレブンのnanacoやホームセンタータカミのCoGca等)やスマートフォンの決済アプリ(PayPay、d払い、auPay等)になり、これらのキャッシュレス決済サービスをマイナポイントの受取先として、申し込む必要があります。

 施策(2) 健康保険証の利用登録

  ・ 健康保険証

 施策(3) 公金受取口座の登録

  ・ 預金通帳又はキャッシュカード 

3 マイナポイント予約・申込に必要な環境

 ご自身の端末でマイナポイントを予約・申込する

  ア Androidの場合  〇対応機種を確認し、Google Playで「マイナポイント」アプリをインストール

  イ iPhoneの場合   〇対応機種を確認し、App Storeで「マイナポイント」アプリをインストール

   ※ ア・イ、それぞれのアプリの案内に沿って入力を行えば、予約完了となります。

  ウ パソコンの場合  〇対応するICリーダライタを確認し、「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストール

    マイキープラットフォームへアクセスし、「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をクリックし、入力を行えば予約完了となります。

   ※  MicrosoftEdgeまたはGoogle Chromeをご利用の場合、拡張機能の追加が必要です。詳しくは、こちらをご確認ください。

   ※ 最新情報は、総務省HP「マイナポイントの予約・申込方法」を参照してください。


 【よくあるご質問】

〇 マイナポイントについて

Q1 マイナポイントは、どうやったらもらえるの?

A1 マイナポイントを申し込んだ後に、チャージやお買い物をした時に、マイナポイントは付与されます。また、健康保険証の利用登録や公金受取口座の登録を行い、マイナポイント受取申込を行うことで、マイナポイントが付与されます。

Q2 マイナポイントは、いつもらえて、いつまで使えるの?

A2 選ばれたキャッシュレス決済サービスそれぞれ、マイナポイント付与のタイミングと使用期限がありますので、キャッシュレス決済サービス事業者のホームページ等でご確認ください。

Q3 子どものマイナポイントの予約は、誰のキャッシュレス決済サービスで申し込むの?

A3 15歳未満の未成年者の予約・申込みは、法定代理人が行うことができます。

   また、規約上、ご本人名義のキャッシュレス決済サービスに、マイナポイントを付与するよう申込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントは、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスで申込むことが出来ます。

   ただし、マイナポイントを合算して付与することができないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。

  ※ 法定代理人とは、法律により代理権を有することを定められた者のことであり、例えば、本人が未成年者や成年被後見人である場合に、親権者や後見人といった法定代人が本人に代わって法律行為を行うことです。 

Q4 登録したキャッシュレス決済サービスを変更したい。

A4 一度、お申込みされたキャッシュレス決済サービスは変更することができないため、慎重に選択し、登録するようにしてください。 

Q5  マイナポイント第2弾のうち、施策(2)、(3)を登録をすれば、マイナンバーカード取得者及び20,000円のチャージ又はお買い物で5,000円分のポイントが付与されるためのキャッシュレス決済サービスから、自動で設定されるのか。 

A5 令和4年6月30日より以前にマイナポイント第2弾のうち、施策(2)の利用登録及び施策(3)の登録を行った場合、マイナンバーカード取得者及び20,000円のチャージ又はお買い物で5,000円分のポイントが付与されるためのキャッシュレス決済サービスが、自動で設定されないため、改めて、マイナポイント受取申込みを行う必要があります。なお、令和4年6月30日以降に施策(1)、(2)、(3)を受取るキャッシュレス決済サービスは、同一である必要があります。


〇 健康保険証の利用登録について

Q1 マイナンバーカードを持参すれば、健康保険証がなくても医療機関等を受診することができますか?

A1 オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを持参すれば、健康保険証がなくても利用できます。ただし、オンライン資格確認が導入されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要です。

Q2 マイナンバーカード健康保険証として利用するメリットは何ですか?

A2 転職・結婚・引越しをしても、新しい健康保険証の発行を待たずに、保険者での手続きが完了次第、マイナンバーカードで医療機関・薬局を利用できます。

  また、マイナンバーカードを用いて薬剤情報、特定健診等情報、医療費通知情報を閲覧することが出来るようになります。

  薬剤情報と特定健診情報等については、患者様の同意を得た上で、医療関係者に提供され、より良い医療を受けることが出来るようになります。


〇 公金受取口座の登録について

Q1 公金受取口座とは何ですか?

A1 マイナンバーカードとともに国に登録しておき、給付金等の支給を受ける際に利用を申し出ることができる口座です。これにより、給付金等の申請手続き等において、口座情報の記載や通帳の写し等の添付等が不要になります。

Q2 子どもの公金受取口座を親名義の口座で登録できないのですか?

A2 ご本人名義(口座登録しようとするご本人のマイナンバーカードに記載されているお名前)の口座を登録いただくことになっております。大変お手数ですが、お子様名義の口座をご用意いただくようお願いします。


※ その他のよくある質問等については、マイナポータル「よくある質問」を参照してください。

  

 

このページの担当部署
行政管理部 スマートデジタル戦略室 スマートデジタルG
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-205570
お問合せ 提供ページ
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動