トップページ >  市民サービス >  新型コロナウイルス  (感染症情報) >  ワクチン接種情報 >  ワクチン接種情報 > 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(10代、20代の男性と保護者の方へのお知らせ)

ファイザー社とモデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。

特に10代・20代の男性の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

 

ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

・こうした症状は、心筋炎・心膜炎の典型的な症状です。ただし、その他の原因でもこれらの症状となることがあります。

・心筋炎・心膜炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。

 

詳細につきましては、下記を御確認ください。

ダウンロード
このページの担当部署
保健福祉部 市民健康課 新型コロナウイルスワクチン接種推進PT
〒895-8650 神田町3-22
電話番号:0996-23-5111 FAX番号:0996-23-5051
お問合せ 提供ページ
Adobe Readerダウンロードはこちら PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
皆様の声でより良い薩摩川内市ホームページへ!
このコンテンツへのご意見お聞かせください
  • このページは見つけやすかったですか?
  • このページは分かりやすかったですか?
  • このページは役に立ちましたか?

ページ上部に移動